【ナルト】蜘蛛巣花(くもそうか)の強さ考察、口から放つ粘着網!

粘度のある糸を用いることが特徴の、蜘蛛。

今回は鬼童丸の用いる“蜘蛛巣花(くもそうか)”の強さについて考察し、理解を深めていきたい。

蜘蛛巣花の術による攻撃はなかなかに面白く、相手を拘束するのに十分な効力を持っている!

【スポンサーリンク】

蜘蛛巣花(くもそうか)の強さ考察、口から放つ粘着網!

蜘蛛巣花を使用している感じは以下。

見た目はただの蜘蛛の糸…って感じだけど、鬼童丸の口から放たれる粘着性の特殊な網だ。

チャクラを練り込まれた網は一度捉えた獲物を絡め取ることに主眼を置いている感じだった!

蜘蛛巣花
ナルト秘伝・闘の書より引用 蜘蛛巣花(くもそうか)を使っている様子の表現はこんな感じだった!

蜘蛛巣花によって二重の網を複数に渡って射出。

そうそう、敵の動きを封じるくらいであれば、これくらいの術が最も適しているといえるだろう。

得意分野であれば使用難易度も低そうな感じだし、頭を使ってうまく使えば充分な効力が得られるものと考えられる!

ナルトワールドでは“巨大な網”とか“捕まえた後に締め上げる網”とか、そういったダイナミックな演出のほうが好んで採用される傾向にあるみたいだけど、敵を倒すだけならばこれくらいで充分だよね。

あとは変に余裕を見せたり、無駄口を叩かずにトドメを刺してしまえばOK!といった感じだ。合理的!!

【スポンサーリンク】

連続性能があるのが強み!

蜘蛛巣花に関しては、敵に対して連續で放つことが出来るのが強み。

無理に大きな網を生成して攻撃するよりも遥かに効率が良いといえるだろう!

また、発動までにかかる時間も短いため、いざといった時に反射神経で使用することだって出来る。

そういった点を踏まえると“地味ではあるが効果的な忍術”だと表現することが出来るだろうね!

こういった地味な忍術は実はバトワン好みで、こういう限られた条件下で絶大な効力を発揮する術をこそ、上手く活用して立ち回る価値があるものだと考えてしまう!

基本的に正面衝突を好むナルトワールドの忍たちだけど、もう少し忍らしく暗殺や不意打ちに力を入れるようになるならば、こういった術のほうが遥かに高評価になってくることは間違いないだろう!

相手の足さえ止めてしまえば、そのあとは煮るなり焼くなり好きにできる。

そういった“戦術的価値”を踏まえてナルトワールドを分析していくのであれば、こういった忍術はもっと登場頻度がアップしてきても良いとさえ感じてしまうほどだ!

最新作のBORUTOでもダイナミックな忍術と派手展開が主体になってきてるぽい印象を受けるけど、同じ忍者モノでもこういった地味な忍術をうまく魅せる系の作品ならばまだまだ開拓の余地があるかもしれないね!

新人作家さんの“あえての忍者モノへの挑戦”に期待が高まる!!

【スポンサーリンク】