【ハンターハンター】ヒンリギの能力「バイオハザード(手のひらを太陽に)」考察、具現化系の能力!

シュウ=ウ一家の若頭であるヒンリギ・ビガンダフノ。

ハンターハンター390話では彼の能力がしっかりと確定することになったね!

能力名は「バイオハザード(手のひらを太陽に)」ということで、なかなか強力な具現化系能力っぽい感じ!

【スポンサーリンク】

ヒンリギの能力「バイオハザード(手のひらを太陽に)」考察、具現化系の能力!

390話で描かれたヒンリギの外見表現配下のような感じ。

実質的には以下のカットでその能力がしっかりと確定した感じだ。

この説明によると、どうやら触れた機械や武器などを“元の特性を活かしたまま”に、生き物に変えて操作することが出来るとのこと。

実際に390話ではこの念能力をうまく活用して戦っていたのが印象的だった!


ハンターハンター390話より引用 ヒンリギ・ビガンダフノの能力が確定した!

シュウ=ウ一家の若頭ということで、組の中でもトップクラスの戦闘能力を持っていると考えられるヒンリギ。

これから抗争が激化していくのは間違いないと思うけど、彼はどのように立ち回っていくのだろうか!

具現化系の能力ということもあって前線でガシガシ戦うような展開にはなりにくいと思う。

今回の立ち回りをベースに考えるなら、敵陣営の構成員の持つ武器を上手にコントロールして、暗殺に近い動きを取らせる…というのが、最もナチュラルな戦い方…ということになってくるだろうか!

【スポンサーリンク】

実際に使用された使用されたバイオハザード(手のひらを太陽に)について!

実際に使用された使用されたバイオハザード(手のひらを太陽に)は以下のような感じ。

説明の通り、相手の持つ重火器に触れることによってそれを蛇に変化させているのがこの能力の骨子だ。

そしてこの蛇はただの蛇ではなく“銃の特性”を持っており、このあと衛兵2人を襲って射殺している。

衛兵としてはまさに「何が起こっているのかわからない」といった感じだったに違いない!


ハンターハンター390話より引用 使用されたバイオハザード(手のひらを太陽に)はこんな感じだった!

念能力というのは単純な強さだけではなく、そのトリッキーさも重要な要素を持っていると思う。

例えばヒソカのバンジーガムとドッキリテクスチャーなどはその好例で、能力そのものは攻撃に特化したものではないんだ。

でも、相手の裏をかいて攻撃することに非常に長けていることもあいまって、ヒソカを作中屈指の強者へと仕立て上げるに至っている。

そういった意味では、ヒンリギのバイオハザードも使い方次第でいくらでも強力な効果を持ち得る能力だといえる(のびしろがある)といえるんじゃないかな!

これから先の抗争の中で、この能力がどのように活かされてくるのか…めっちゃ楽しみ!!

【スポンサーリンク】