【ビブルカード】くいな考察、ゾロに勝利し続けた天才女剣士!

ゾロに勝利し続けた天才女剣士、くいな。

今回は彼女についてビブルカードベースで考察し、バトワンなりに理解を深めていきたいと思うよ!

彼女もまたゾロと同じように、世界最強の剣士を目指した人物だったりする!

【スポンサーリンク】

くいな考察、ゾロに勝利し続けた天才女剣士!

ビブルカードにおけるくいなの外見表現は以下のような感じ。

彼女はゾロに対して2001勝するほどの実力の持ち主であり、相当なセンスがあったことが判明している。

少なくとも表向きには「コウシロウの娘」ということになっていたようなので、その辺りが以降の展開にどう影響を与えていくのかが楽しみだよね!


ビブルカードスターターセット1より引用 くいなの外見表現はこんな感じだった!

バトワンとしては、コウシロウの一心道場が存在したシモツキ村は、霜月康イエの先祖と関係があるように思える。

もしコウシロウが康イエと同じ血脈を受け継いでおり、本当にくいなが彼の娘なら。

そしたらくいなは「霜月くいな」ってことになってくると思うけど、さてどうだろうね!

ゾロとヤスの間にちょっとしたドラマが存在していたことも絡めると充分にありそうな気がするけど、まだヒントが少なくて決定打が打ちにくいところだね!

【スポンサーリンク】

唐突すぎたくいなの死について!

次に観察していきたいのは以下、くいなの死について。

ここには「くいな生存説」をかなり昔に提示して、今やそれが一般化している感じなんだけど、これからどうシナリオが展開していくのかに注目が集まる!

もしくいなが生きている…ってことになれば、以下のシーンでコウシロウが彼女を「死んだことにして逃した」みたいな流れが妥当。

また、そっくりさんであるたしぎとの関係も絡めてみて、かつそれが的中していたなら。

だとすれば、そろそろたしぎがワノ国編に顔を出しても良い時期だとも思うんだ。

しかしながら現在のワノ国編は世界会議と並行しており、海軍の戦力はマリージョアに集中気味。

くいながワノ国へ絡んでくる可能性はかなり下がっていると思うけど、ゆえに再登場してきたら「くいな=たしぎ」の線が濃厚になってくるね!


ビブルカードスターターセット1より引用 くいなの死が心に残る!

しかしともあれ、ここ最近のワンピースでは「ここぞという場面」であえてハズしてくるシーンも見受けられる感じ。

たとえばWCI編では「グランドラインでまた会おう」の鬼神のギンの再登場のこれ以上ないチャンスだったのに、そのシーンは叶わなかった。

そういった点を踏まえると、今回もくいなの登場は雲行きが怪しいような気がするけど…。

いずれにせよ、まだまだ確定していない未来の途中。

これからのワノ国編にはまだ第三勢力の介入が少なめでもあるので、くいなの到来も楽しみにしていきたいところだ!

【スポンサーリンク】