【ビブルカード】キャプテンクロ考察、物語序盤のスピードスター!

物語序盤のスピードスター、キャプテンクロ。

今回は彼についてビブルカードベースで考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

作中序盤で撃破された彼だけど、実力レベルでは(当時としては)相当に高かったと思う!

【スポンサーリンク】

キャプテンクロ考察、物語序盤のスピードスター!

ビブルカードにおけるキャプテン・クロの外見表現は以下のような感じ。

これは杓死を使用する直前のモーション。

ワンピースの序盤ではアルビダ、バギーに続く敵とて登場し、その存在感を示した。

バトワンは昔から“スピードキャラ”が好きだったりするので、クロは登場時からかなり好きだったキャラクターだったりする!


ビブルカード・東の海の猛者たちより引用 杓死を使用する直前のクロ!

クロの使用する杓死は、スピードとしてはCP9の剃(ソル)くらいの速度が出ているのだそう。

コントロールが効かないのがマイナスポイントなんだけれども、それを差し引きしてもこの時点では相当に強力。

本編ではルフィがクロを撃破したけど、今振り返れば「本当によく勝ちきったな〜」と思える相手。

よく「東の海編は神」といわれるけれど、こういう「格上の相手」に果敢に挑戦していく姿があるからこそなのかもしれないね!

【スポンサーリンク】

キャプテン・クロの人物像について!

後半ではキャプテン・クロの人物像について触れていこう。

以下のカットは本編でも描かれていたシーンだけれども、カラーで見ることによって見え方が大きく変わった。

白黒の原作では「理知的で残忍な海賊」って感じの雰囲気を強く感じたけど、カラーで見ると「安定を求める弱さ」みたいな側面がより強く表現されていたように思えた。

カラーで見ることでクロの精神的な弱さが際立ったのは、肌のカラーが塗られたことにより“人間味”が強まったからなのかもしれない!


ビブルカード・東の海の猛者たちより引用 人間的な弱さが際立ったクロ!

かつて東の海に恐怖を与えた残忍な海賊、百計のクロ。

彼が再登場して本編で大活躍することは、普通に考えると難しいと思う。

しかし新世界編で登場した様々な要素(特にテクノロジー関係)とかを駆使すれば、もしかしたらワンチャンあるかもしれなうよね?

パシフィスタみたいに改造されて意思なきサイボーグになって復活するとか、細胞を培養されて兵士として…みたいな展開も、まぁまぁ想定出来る範囲かと思う。

バトワンとしては基本的にキャプテン・クロの再登場については否定的な見解だけど、好きなキャラではあるのでそういう流れになったなら、それはそれで嬉しいような気がするかな!

【スポンサーリンク】