【ワンピース】「わた」と名付けられた雷雲、ナミのネーミングセンスw

クリマタクトに転生することで仲間になったゼウス。

今回はそんなゼウスの所有者であるナミのほうをピックアップしたい!

ナミもまぁまぁ天然だよね、ロビンとはまた違った意味で!

【スポンサーリンク】

「わた」と名付けられた雷雲、ナミのネーミングセンスw

まず最初にピックアップしたいのは以下のカット。

ここではゼウスに新たな名前を求められ、なんと「わた」とつけようとしている!

これはどうしようもないネーミングセンスだけど、ある意味ではナミらしいよねw

ルフィと同じで、名前をつけるのが苦手なんだろうね!


ワンピース1016話より引用 ルフィと同じで、名前をつけるのが苦手なんだろうね!

ちなみにナミのネーミングセンスに関しては、以下のようなケースもあったりする。

これはアラバスタ編だね、ラクダに対して「まつげ」という名前をつけているというw

これは名付けてるというか「適当な名詩を持ってきて当てはめてる」くらいの勢いだw


ビブルカード・集結秘密結社バロックワークスより引用 適当な名詩を持ってきて当てはめてる?

しかしともあれ、ネーミングセンスが変なところもある意味ではナミのチャームポイント。

これまで変な名前をを付けられた面々もマンザラではなかったみたいだし、この名付けっぷりが悪いものとは限らない。

むしろ「従順なる下僕」に対するセンスだと思えば、ある意味では的確かもw

【スポンサーリンク】

なかったことにされてる名付けw

次にチェックしたいのは以下のカット。

そう、ナミが一瞬の閃きで付けたネーミング「わた」は、なんと次のカットでは完全に無視されている!

しかもゼウスだけじゃなくて、ナミ本人も「あ、ゼウスでいいや」みたいなノリになってるのが面白いよね!

なんというか、本人も自分のネーミングセンスが怪しいと思ってたのかなw


ワンピース1016話より引用 なかったことにされてる名付けw

いずれにしても今回の一連の流れは、ナミの名付けがいかに微妙かということを示していたし、それがコミカルに演じられてて面白かったよね!

ナミは切れ者ってほどではないけどわりとしっかり者で、麦わらの一味の方針決定などに大きな役割を果たしていると思う。

そういったタイプのキャラにも「弱点があるんだよ!」と示すことは、ある意味では親しみやすさに繋がっているかもしれないね!

しかしともあれ、上記のスルーの早さから新たな名前も以前と同じで「ゼウス」でいこうと決定するまでのスムーズさ。

その辺りを踏まえると、やはりナミとゼウスはかなり息がぴったりだったりするのかもしれないね!

以降、この2人のコンビネーションに注目していきたい!

【スポンサーリンク】