【ワンピース】ひとつなぎの大秘宝にまつわる謎と伏線、太陽と月と海の物語のこと![超考察]

太陽、月、地球。

ワンピース世界でもいよいよ多くの要素が具体的に脚光を浴び始めた。

ひとつなぎの大秘宝の正体についてはこれまでも色々と考えてきたし、今後も結論を覆すことことがあると思うんだけど、今回は現時点での集大成としてのバトワンの考えを記しておきたい。

超考察の枠組みに入るので少し長くなっちゃうと思うけど、そのぶん多くの人にとって初見になるような内容になるように工夫していくので、乞うご期待!

※備考1:便宜上このページでは、ルフィ達の航海する世界を“地球”と呼ぶこととします。
※備考2:アドレナリンでブワァーって書き上げたので、おかしいところの修正などは少し時間が経ってからやります!

【スポンサーリンク】

ひとつなぎの大秘宝にまつわる謎と伏線、太陽と月と海の物語のこと![超考察]

今回は「ひとつなぎの大秘宝」についての考察ということで、ひときわ文章に力が入る!!

色々な角度からスポットライトを当てるのが好きなので、今後この内容とは違う説を提示していくこともあると思うけど、まずは現時点でバトワンが「最も有力かな?」と考える部分について触れていこう!

このページでは、ワンピースは「太陽と月と海(地球)の物語」ではないか?という考え方を前提に文章を走らせていきたい!!

それぞれにまつわるシンボルだけではなく、古代兵器もピッタリ3つ(うち2つ詳細不明だけど)。

これらの要素を絡めて考えていくと、様々な要素がバチバチと繋がってきて実に興味深い!!

古代兵器ポセイドンのこと(母なる海の守護者)

まずはルフィ達が冒険する世界そのものについて触れていこう。

この星は明らかに大半が海で出来ているわけだけど、現実世界では地球に該当する世界だ。

そして、海を象徴するこの世界に対応する古代兵器が彼女、人魚姫しらほし(ポセイドン)なわけだね!


ワンピース66巻より引用 しらほしは古代兵器ポセイドンであり、海を象徴する世界の守護者のように見える!

海賊物語ということでそのフィールドは海。

大いなる海を守る古代兵器としてのしらほしには、まさに“海の化身”のようなイメージが付きまとう感じだ。

現在は世界会議編にてビビ・レベッカと横並びで仲良くしているしらほしだけど、彼女が他のメンバーよりも一回り大きな重要度を持っていることは間違いないだろう。

太陽・月・地球のうちの“地球(海の惑星)”の象徴が彼女ならば、この物語の本懐は「母なる海の守護者である人魚姫の物語」だったりするのかもしれないね!

ルフィたちの冒険を切り口にスポットライトを当てているものの、それとは別の大きな歴史の流れは確実に存在する!!

ちなみに現在のバトワンは、数ある種族の中で「魚人族だけ別格に重要度が高いかも?」みたいな考え方も持っていたりするので、そのことも念のためここに記しておきたい!

【スポンサーリンク】

光月家とミンク族(月の番人?)

次に触れていきたいのは光月家&ミンク族についてだ。

彼らは異なる種族でありながら強固な主従関係に結ばれている感じ。

光月という名に示されている通り、またはミンク族の強化戦闘モード“月の獅子(スーロン)”に反映されている通り、彼らは月にまつわる歴史を持っていると考えるのが面白いと思う。

石工818
ワンピース818話より引用 光月一族は遥かな昔からポーネグリフを作っていた一族!

光月家とミンク族は共通して「世界の夜明け」を待ち望んでいる。

世界政府が支配するこの世界の裏側で、ポーネグリフに歴史を託し続けてきた光月一族。

このことを前提とすれば、ミンク族は“月の番人”と置き換えることが出来るだろう…!!

そしてそう考えていけば、もちろん“太陽”に属する者も存在するんじゃないかな!

その辺りは次のページで触れていくね!

【スポンサーリンク】