【ワンピース】めっちゃ喋るバリエテが面白かった件w

今回も盛り上がったワンピース。

1012話では久々にバリエテが登場したんだけど、その存在感の発揮の仕方が実にユニークだったね!

今回は以下、そんなバリエテについて触れていきたい!

【スポンサーリンク】

めっちゃ喋るバリエテが面白かった件w

今回ピックアップしたいのは以下のカット。

このカットのバリエテが想像以上に喋りまくってるの、めっちゃジワるのはバトワンだけだろうか!

かなり小さいコマの中に敷き詰められたかなり長いセリフ。

まさに説明役って感じだけど、もうちょっと何かなかったのかw


ワンピース1012話より引用 まさに説明役って感じだけど、もうちょっと何かなかったのかw

しかしともあれ、このバリエテには一定の愛嬌もあっていい感じ。

これだけ小さいコマで大量に喋ってると“めっちゃ早口”になってそうな印象があるね!

偵察隊ってこともあって、要点を簡潔にまとめてしゃべるのが上手だ!

バリエテに関しては本格的に本編に再登場したのはゾウ編以降だから、なんか懐かしいような感じもするよね!

で、今回はバリエテによって「ペドロが命を落としたこと」がネコマムシの旦那に伝えられることに成った!

【スポンサーリンク】

ネコマムシの旦那がペロスペローのもとに向かう!

で、次に見ていきたいのは以下のカット。

バリエテの報告をうけたネコマムシの旦那はそのままペロスペローを探しに飛び出していった感じだ。

以下のカットでは悲しみを見せる素振りとかは一切なく、むしろ不敵な笑みを浮かべている感じ。

しかしその心理状態を考えたら悲しくないわけはないんだよね。

でも、その悲しみの感覚を上回るほどに、おそらくは「戦士としての死」を称賛している感じかな?

そういった意味では、ミンク族の生き様はどこか、ワノ国の侍に似ている部分を感じさせるところがあるかもしれないね!


ワンピース1012話より引用 「戦士としての死」を称賛している?

イヌアラシ公爵はジャックと対峙することになったけど、今回はネコマムシの旦那とペロスペローが対峙するっぽいことが確定。

ここでもあたらなマッチアップへ向かっていて、どんどん盛り上がりを見せてきている感じだね!

ちなみに今回のエピソードではナミvsうるティも戦うことが決まったので、これから先は中堅どころのぶつかり合いが目白押し!

尺の関係もあるからぜんぶがぜんぶ詳細まで描かれるとは限らないけれども、楽しみな要素はたっぷりあると思う。

ルフィとカイドウもバチバチの展開になってきたと思うし、以降の展開からも目が離せないね!

【スポンサーリンク】