【ワンピース】カルメルへ送る甘み&魂の重さと悪魔の実について!

「人間の魂の重さは21グラムである」というのは、有名な都市伝説。

昨日、悪魔の実の宿る場所についてTwitterのフォロワーさんと話してたんだけど、今回は細心の死骸演舞場に絡めてその内容を文章化することにチャレンジしてみたい!

バトワンとしては「悪魔の実は脳に宿る」と見る考え方が結構好きなんだけど、今回はまた違った視点からの観察になる!

【スポンサーリンク】

カルメルへ送る甘み&魂の重さと悪魔の実について!

メインテーマは「悪魔の実は魂に宿るのではないか?」という考え方。

悪魔の実の能力が宿る場所についてはこれまでも色々と議論されてきた感じだと思うけど、この考え方はとても有力なもののひとつだよね!

丸呑みしたからソルソルの実の能力が移行した…ということで解決できる「カルメルごちそうさま事件」も、この説をベースにして考えれば、また違った解決方法を見出すことが出来ると思う!


ワンピース900話より引用 マザー・カルメルに甘みを送るビッグマム!

上記カットは腹の中の「死骸演舞場」と呼ばれる空間(?)に、サンジの作った最高の甘みを送っているシーン。

バトワンの解釈では「ビッグマムはカルメルを食ったことを自覚しているものの、その記憶を自ら捻じ曲げ、失踪したことにして自分を納得させている」という思考パターンを辿った…とする説を最も本命だと見ている感じ。

ただ、悪魔の実がもし仮に魂に宿るとするのなら?

だとすれば特にカルメルを食った・食わないは問題ではなくなってくる感じだよね!

ソルソルの実の能力が及ぶ範囲にもよってくると思うけど「魂さえリンリンの中に移動できれば、能力の継承は可能」ということになってくる。

そして彼女の体内にある死骸演舞場…。

もしかしたらあの魂の墓場のような場所のどこかに、マザー・カルメルの魂は彷徨い続けているのかもしれないね!

作中では具体的に語られなかった(あるいは幼少リンリンが全てを食い尽くしたと読み取れるように巧妙に誘導された)あのシーンで、実際は何が起こったのか。

この謎が謎のまま残されていることによって、死骸演舞場に対する解釈はかなりのパターンが生まれてくる!

あの時起こった何かしらのアクシデントから身を守るべく、カルメルは自らリンリンの中へとその魂を逃がした…とかもあるかもね!

【スポンサーリンク】

魂に悪魔の実が宿るなら?

ちなみに「悪魔の実は脳に宿る」という説を採用するためには、解決しなくてはならないいくつかの重要な課題がある。

以下の2点は今でも解決できていないポイントなんだけど、悪魔の実が魂に宿るとするのなら、この問題は解消できる感じだよね!

  • ブルックの脳はどうなってるの問題
  • モノが悪魔の実を食べたケースの問題

ブルックの場合は「カラッカラに干からびて小さくなった脳」が頭の中に入っている…とすればOKだけど、モノが悪魔の実を食べたケース(ラッスーとかファンクフリード、スマイリー)に関しては、ちょっと説明が難しい。

この最も有力な解決方法が「悪魔の実は魂に宿る」とする考え方だね!

ちなみにこの考え方を採用すると、今度は以下の場面の解釈に疑問が出てくるわけだけど…?


ワンピース67巻より引用 オペオペの実を使えば、意識と意識を入れ替えることが可能!

意識と意識を入れ替えることが可能なオペオペの実の能力。

これで意識をチェンジした時、悪魔の実の能力はどうなるのか…。

昨日話してたところの結論では「意識は意識、魂は魂でベツモノ」というところで落ち着いた感じなんだけど、この辺りの謎もまだまだハッキリとしない部分があるよね!

ちなみに、悪魔の実の能力は「血統因子」が影響しているという見方(人造悪魔の実・SMILE絡み)もあったりするし、ワンピース世界での秘密がひとつ明かされるごとに、逆に謎が深まっていく感じがすごいと思う!

悪魔の実のメカニズムにもっとも近く迫れる時は、ベガパンクが作品に登場して来たときとかになるのかなぁ?

それともこれからもずっと“神秘のヴェール”に包まれたままでシナリオが進行してくのか…。

どちらにしても悪魔の実に関してはきっとかなり綿密で具体的な設定がされていると思うから、今後も新たな要素が登場するにつれて随時考察し、色ぽな角度からスポットライトを当てていけたら…なんて思う!!

【スポンサーリンク】