【ワンピース】サンジ用のレイドスーツ&これからの課題について!

緊急性の高い考察がいくつかあってそちらを優先してたもので、レイドスーツについての考察に遅れを取ってしまった今回。

バトワンは他の考察サイトさんは全く見ない(考えが流されないように)んだけど、レイドスーツ絡みに関してはどこのサイトさんも早い段階で掘り下げてたんじゃないかな?

遅くなっちゃったぶんどこかの意見とカブっちゃう部分も出てくるかもしれないけど、以下バトワンなりの見解について述べていこうと思うよ!

【スポンサーリンク】

サンジ用のレイドスーツ&これからの課題について!

今回の903話における一つの注目ポイントが以下。

ジェルマの変身の醍醐味ともいえる、レイドスーツに「サンジ用」っぽいのが用意されていた点は驚きだったよね!

頑なにレイドスーツでのパワーアップを拒むサンジの姿が少し印象的だったかも!


ワンピース903話より引用 頑なにレイドスーツでのパワーアップを拒むサンジの姿が印象的だった!

上記のシーンはバトワン的にはかなり重要な意味を持っているワンシーン。

こんなこと言うとサンジには怒られるかもしれないけど、上記のカットはある意味「サンジ自身が最も“自分をジェルマの息子”だと認めてしまっている場面」だと思うんだよね。

バトワンも実は子供の頃(小学生1〜3年の時が一番ひどかったかな?)家庭内暴力に晒されるような環境で怯えながら育った経験があるんだけど、これはその時の経験に基づいた解釈。(的外れの可能性もありそう?)

たとえば以下のカットのように「ジェルマとかヴィンスモークの名を、二度と俺の前で口にするな!」などいいうセリフもまた、サンジの心が今もジェルマの鎖に捕われていることを示していると感じる!


ワンピース903話より引用 このセリフもまた、サンジの心が今もジェルマの鎖に捕われていることそ示しているといえると感じる!

イチジ=火花、ニジ=電撃、ヨンジ=超パワー、レイジュ=毒…ということで、サンジの属性が気になるところでもあるんだけど、バトワンとしては、まずはサンジの“囚われた心の行方”のほうが興味深いかもしれない…!

んで、その次がサンジのレイドスーツの属性…って感じかなぁ?

3といえば一般的に「イエロー」だと思うんだけれども、サンジがレイドスーツを使用したとしたら「何イエロー」になるんだろうね?

四大属性的(地水火風)なアレが関与するとしたら、なんとなく「ウインド(エアロ?)イエロー」とかかなー?

それなら一応ディアブルの炎をさらに燃え上がらせてくれそうだけど…うーん気になる!!

【スポンサーリンク】

航海士ナミが導くもうひとつの道標!

少し話は戻るけど、今回のサンジのリアクションを見ていると以下のカットと繋げて考えたくなる。

いや、これに関してはこれまでもブログ内で何回も触れてきたことなんだけど…。

自分の過去を受け入れて前に進んだナミと、自分の過去に完全にケリをつけきれてないままのサンジ。

2人の過去は単純に比較できないからどっちがどうとは言えないんだけど、ナミの姿勢はサンジの灯台になりえるものかもしれないね!


ワンピース64巻より引用 ナミさんのこの姿勢はサンジの道を示す灯台になるかも!

バトワンとしては、サンジが本当の意味でジェルマと決別するためには、彼自身が「自分がヴィンスモーク・サンジ」であることを認めた上で、ジェルマと袂(たもと)を分かつ必要があると思う。

矛盾しているように感じるかもしれない(表現が難しい…)けど、ジェルマの三男として生まれてきた悲劇(?)があったからこそ、今のサンジがあると思うんだよね。

そして、今回ピックアップしたいくつかのカットのように「運命が目に留まらないようにする」ことは出来たとしても、自分自身を騙すのは一番難しいことだと思う。

サンジ自身が誰よりも、自分がヴィンスモーク・サンジであることを知っている。

今のサンジがただちにこの事実を受け入れる必要はないと思うけど、これらの要素が残っていることはイコール「これからのサンジの伸びしろ」を示しているかもしれないね!

本当の意味でサンジがサンジになれた時、黒足のサンジは1人の男として今よりも何倍も強力なクルーとして、まばゆい光を放つ存在になれるのかもしれない…!!

そしてその航路を照らす道標は…!!

【スポンサーリンク】