【ワンピース】ハラ決めたよ…。サンジの覚悟の真意とは?

ハラ決めたよ。

そうつぶやいてレイドスーツを破壊したサンジ。

今回はその背景の心理、さらにはこれから起こそうとしている行動に対しての覚悟について考えていきたいと思うよ!

意味深な言葉の裏に隠されたものは何なのだろうか!

【スポンサーリンク】

ハラ決めたよ…。サンジの覚悟の真意とは?

まず最初にチェックしたいのは以下のカット。

これがテーマになるメインのシーンなんだけど、ここからサンジはレイドスーツを踏みつけて爆破するところまで持っていってる。

このことから、まず第一に「過去との決別」が改めて描かれた場面だといえるだろう。(ジェルマとの決別ではなく、過去との決別…として表現したい)

ちなみにサンジはWCI編のラストでイチジ・ニジ・ヨンジに助けられているわけだけど、それでいてなお「あいつらと同じになりたくない」といった趣旨の言葉を残している。

このことから、サンジと家族の間にある確執はまだ解消されていない“かのように”見えるよね!


ワンピース1031話より引用 今回のテーマとなる問題のシーン!

ただ、この流れでサンジは「科学の戦士」「従来のサンジ」のどちらが役に立つ…?と自問していた点にも注目したいところ。

そう、ここでサンジは明らかに「何かを試そうとしており、その選択肢を握っている」って感じなんだよね。

おそらくサンジはすでに、身体の中にある異変を(一部かもしれないけど)コントロールできる感覚を掴んでいるんじゃないだろうか?

【スポンサーリンク】

科学の力に対する扱い方について!

次にチェックしたいのは以下のカットなんだけど、このシーンでサンジはスーッと消えており、生身でのステルスを成功させているかのように見える。

これが高速移動にクイーンの視界から消えたのであればこの擬音は不適切なので、やはりここは「自力でステルスを成功させた」とみるのが適切だろう!

どのような原理でこうなったのかはまだ断定しにくいけど、おそらくながらここは「己を保ったまま、科学の力を引き出そうとしている」って感じなのかもしれないね!


ワンピース1031話より引用 己を保ったまま、科学の力を引き出そうとしているはず!

サンジの様子はこれ以降描かれてないから、イチジ・ニジ・ヨンジのような人格になったかどうかはまだわからない。

しかしともあれ、これはサンジのパワーアップフラグってことで疑いの余地はないだろう!

さらに追求するなら、今後はサンジの性格面にどのような変化があるのか注目していきたいところ!

ちなみにサンジは「おれはジェルマにはならねェ」とは言ってたけど、科学の力を放棄するとは言っていない。

そしてサンジが己の内にある科学の力を受け入れるということは、イチジ・ニジ・ヨンジ、またはジャッジとの“嫌な過去”を認めることにもつながるだろう。

ジェルマを許す必要はなくとも、過去を認めて今後の糧にしていくほうが“人間らしさ”として強いし、前向きな行為。

いずれにしても今後のサンジの動向について鍵を握ってくるのは上記2枚のカットだと思う。

これらの点を踏まえつつ、以降の展開を楽しみにしていきたいところだよね!

【スポンサーリンク】