【ワンピース】モルガンズの正体は五老星のうちの一人?CP0護衛ステューシー説について!

考察といっても、ひとりでは辿り着けない場所がある。

ということで、今回はTwitterのフォロワーさんが以下の考察を読んだことで気付いた点を教えてもらったよ!

【ワンピース】ルフィの懸賞金額15億ベリー&サンジの懸賞金額3億3000万ベリーについての考察!

このページの内容は上記の考察を前提に掘り下げていこうと思うので、まだ読んでなかったら読んでみてね!

【スポンサーリンク】

モルガンズの正体は五老星のうちの一人?CP0護衛ステューシー説について!

今回の説は“正解”とは掛け離れているものかもしれない。

しかし「もしそうだったら色々と納得できる!」というもの。

これまでもバトワンの考察では彼について色々と考えてきたけど、このルートはちょっと盲点になっていた部分なんだよね!


ワンピース901話より引用 モルガンズがこう断言する根拠が気になる!

モルガンズが上記のように断言する根拠。

以下の考察でもバトワンは彼を危険視してきたけど(過大評価かもだけど)、今回のヒントはそれに輪をかけてデンジャーなものだ!

【ワンピース】モルガンズの発言「最悪の世代の中から海賊王が誕生する!」を考えてみたい!

今回のやり取りの中で生じた疑問点は「モルガンズの正体って、実は五老星のうちの誰かじゃないよね?」というもの。

飛べない鳥であるモルガンズが顔の“かぶりもの”を(あたかもルパン3世のように)ペリペリと脱いで、五老星の顔を露わにする…という考えは、はたして現実性が薄いものだろうか?


ワンピース25巻より引用 ステューシーとの関係についても見え方が変わってくるかも?

この問いかけは正直、かなりの賛否両論を巻き起こすかもしれない。

直感的に「絶対ないでしょw」と笑い飛ばしてスルーしてしまう方がいてもおかしくないし、そういう人を否定もできない。

でも、バトワンとしては低確立でも「ありえる話」だと思うんだよね。

それはひとえに「麦わらの一味がWCIを離脱してから、15億の懸賞金額の設定〜手配書発行がスピーディすぎる」という点が大部分の根拠になるんだけども…。

もしモルガンズ自身が“1人2役”のように世界政府に直接潜り込んでおり「表向きは五老星、裏では世界経済新聞社社長」という役割を担っている…というのはどうだろう?

これなら今回の“あまりにも迅速過ぎるスピード感”にも説明がつく!

だってそれなら決めることが出来たんだ彼は。WCIにいるうちに麦わらのルフィの懸賞金額を!!

【スポンサーリンク】

ステューシーはモルガンズの護衛?

さらに彼が「表の顔&裏の顔」を使いこなしているとしたならば、以下のカットのステューシーの“タメ口”にも説明がつく。

五老星としてならば、CP0であるステューシーに「モルガンズの護衛」を命じることが出来るはず。

カラクリさえ気付かれなければ、彼女は「モルガンズ=五老星のうちの1人という構図に気付かないまま護衛を続ける」ことになるはず。

これでステューシーの振る舞いに関しては解決できる。

で、この説が面白いのはさらにココから“第二波”が産まれてくるところだ!


ワンピース901より引用 世経の社員(?)がWCIには潜り込んでいるっぽい!

【ワンピース】CPと世経の蜜月&逃げ遅れたビッグゲストについて!

これまでの流れで解決できない要素。

それは「モルガンズが麦わらのルフィを推す理由」だよね!

上記カットの彼は“世界経済新聞社社長”として、麦わらのルフィの台頭に興奮しているようにみえる。

でも、これはただ単純に「状況を面白がっているだけ」なんだろうか?

彼がもし“五老星というもう1つの顔”を持っていると仮定したら、上記一連のカットはまた別の意味を持って来るような気がするかもね!

  • 五老星の中にも、藤虎のように「今の世界秩序が間違ってる」と思っている人物がいる?
  • 五老星の中にも、ガープのように「好きなことをやりたい」と思っている変わり者がいる?

海軍の三大将ですら方針の違いがあったんだ。

最高権力とはいえ、5人もいれば仲間内で微妙に考え方が違ったり、こじれた人間関係があってもおかしくないだろう。

今回の前提はこれまで登場してきた色々な要素と絡めれば絡めるほど面白くなってくる部分だと思うから、今後も新しい視点に気付き次第ブログに文章化していきたいと思うよ!

まだまだ憶測の領域を出ないこの仮説、それはイコールで考察の自由度の高いテーマであることを意味する!!

今後のモルガンズの動向には、今以上に細心の注意を払っていきたいと思いました!!

【スポンサーリンク】