【ワンピース】ヤマトの覇王色の真相&ゆらぐ覇王色の定義!

ヤマトが見せた覇王色の覇気の片鱗。

今回はこれについてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思いよ!

カイドウの子供だから血筋としては納得だけど、覇王色の覇気を持っているのは個人的には意外だったかな!

【スポンサーリンク】

ヤマトの覇王色の真相&ゆらぐ覇王色の定義!

まず最初にチェックしたいのは以下のカット。

このシーンで描かれたのは覇王色を発揮したヤマト。

自分でも無自覚に覇王色を発揮したのはかつてのエースと同じだね!

しかしながら、ヤマトが覇王色を発揮するというのは少し予想外なところがあったかな!


ワンピース1023話より引用 覇王色を発揮したヤマト

これまでのヤマトの戦いぶりを見る限り「王の資質」を持っているシーンは皆無。

どちらかというと「おでんに憧れる」とうことで、人々を引っ張っていく者というより、人についていくタイプのような印象。

そして、人の本来持つ性格というのは簡単に変わるものではない。

そのことを踏まえると、ちょっとこの覇王色は不可解…というか、これまでの解釈に変更を与える余地がある展開だったよね!

そう、覇王色は王の資質を持つものが発揮できるのではなく、王の資質を持っているものがたまたま覇王色を備えることが多かった…とみたほうが妥当だろう!

【スポンサーリンク】

覇王色は特殊な身体能力の一種?

このことを踏まえると、覇王色は特殊な身体能力の一種のように思えてくる感じ。

ヤマトは性格、考え方ともに王の資質を備えてない感じだけど、それでも覇王色は継承した。

これはカイドウからの遺伝であると考えるのが妥当だろう!

少し脱線するけど、そういった面を踏まえるとワンピース世界の科学はいずれ、血統因子などDNAのプログラムの中に「覇王色の有無」を設定したりすることができるようになったりもするのかもね!


ワンピース1023話より引用 覇王色は特殊な身体能力の一種?

覇王色の覇気は圧倒的な広範囲にわたって、精神力が伴わないものを気絶させる力を持つ。

身にまとえば武装色よりも強力な感じだし、覇王色を持つ者は自然と高い戦闘能力を得ることができるようになっている。

これまで語られてきた「王の資質を持つ者は、覇王色の覇気を持つことがある」と考えるとヤマトの覇王色は不可解だけど、この考え方をひっくり返してみると自然とつじつまが合ってくるから面白いね!

ワンピースという物語の作中で語られることは、これまでもまずは伝説として語られ、あとで解釈変更が加えられることが多かった。

そのことを踏まえると、覇王色の覇気についてもこれからどんどん詳細が明らかになってくるのかもしれないね!楽しみ!!

【スポンサーリンク】