【ワンピース】ワノ国の年表&時間の流れ整理、黒船にあたる存在について!

時間の流れが交錯しているワノ国編は、時間軸を絡めてかんがえていく必要があるのでちょっとヤヤコシイ部分もある。

なんだけど、この“SFチックな要素”が、物語に深みを与えているのもまた確かだよね!

ということで以下、ワノ国編で判明している内容を年表形式で追いながら、シナリオ本編への理解を深めていきたい!

PICK UP!:【ワンピース】ワノ国編・第一幕のあらすじ考察&全貌について![超考察]

【スポンサーリンク】

ワノ国の年表&時間の流れ整理、黒船にあたる存在について!

錦えもんたちの旅の始まり。

燃えゆく光月おでん城の前に立ち尽くす光月家の侍たち。

この旅の道のりは長いと表現すべきなのか、短いと表現すべきなのかとても難しいところだよね。

しかしともあれ、以下のカットがひとつの“節目”となっていることだけは間違いないと思う。


ワンピース920話より引用 燃えゆく光月おでん城の前に立ち尽くす光月家の侍たち!

この20年前の出来事は、光月一族からすればまさに“地獄”のような感じだったことだろう。

君主である光月おでん様は処刑場にて釜茹でにされ、光月トキ様もこの時代にその命を殉じた。

20年前に黒炭家がカイドウを呼び込んだタイミングとほぼ一致するはずだよね。

時期 出来事
28年前 モモの助が生まれる
??年前 日和さまが生まれる
23年前 海賊騒ぎ発生(剣豪リューマの遺体&名刀秋水が盗まれる)
20年前 黒炭家&百獣海賊団が「おでん城」を制圧、おでん様処刑。また、モモの助たちは20年後にタイムスリップする。
4年前 エースがワノ国に上陸(この時、お玉ちゃんは5才といわれていた)
1年前 ドレークによって編笠村が壊滅に追い込まれる(逆をいうとここまで持ちこたえていた?)
少し前 ゾロ達が先行組としてワノ国に上陸する
現在 ルフィたちがワノ国に上陸、お玉ちゃんは丁度8才の誕生日を迎える

こうやって確認すると、やはり物語の核心は明らかに“20年前”といった感じ。

それまでは光月一族が統治していたワノ国の政権をひっくり返したんだから、やはりこのタイミングで「カイドウが襲来した」ということなんだろうね!

あとは20年前の前後に起こったイベント。

バトワンとしてはエースとモリアもこの国に足跡を残している点に、強く注目しておきたいかな?

モリアは海賊島ハチノスにて黒ひげと邂逅していたから、ひとまず置いておくとして、エースのエピソードはいつ本編に絡んできてもおかしくないと思う!

現時点では個人的に「エースと小紫花魁」の間に何かドラマがあったら面白いかな?…みたいに考えてたり!

【スポンサーリンク】

お前の父はバカ殿だ…の真意について!

こうやってワノ国の年表を確認すると20年前の“節目”が目につくわけだけど、ここで最近「ハッ」と気付いたのが以下のカット。

以下のカイドウの発言なんだけど、バトワンとしは少しづつ見え方が変わってきたんだよね。

このシーンは単純に「カイドウがおでん様をバカにしている様子」のように思ってたんだけど、今読み返してみると、少し違う解釈が出来るような?


ワンピース82巻より引用 光月おでんをバカ殿呼ばわりするカイドウ!

上記のカットなんだけど、今のバトワンには「お前の親父は判断を間違えた」と言ってるように感じるんだけど、みんなどう思う?

例えばカイドウは「光月一族にも“百獣海賊団と組む選択肢”を与えた」というシナリオはどうだろう?

その上で光月おでん様はその誘いを断った。だから“お前の父はバカ殿だ”…と語った…みたいなね!

もし上記のカットがこういう背景のもとに放たれた言葉だとしたら「黒炭家がカイドウを招き入れた」というよりは「カイドウが一方的に襲来した」みたいな可能性も低くないのかも。

黒船来航のように襲来したカイドウに屈しなかった光月一族と、屈する代わりに政権の転覆を企んだ黒炭家。

なんとなくだけど今回の年表&上記のカットを見つめていると、そんなバックグラウンドがうっすらと浮かび上がってくるような気がするかな!

ワノ国編にまつわる時系列は今のところシンプルながら“時間の重なり、ズレ、スキップ”などがあるので、表面化している以上に複雑だったりする。

前半で触れた年表も何度か見返してみるとちょいちょい見え方が変わってくるので、ワノ国編の中にあるうちはちょいちょい読み返していきたい!

P.S.ホーム画面に追加よろしくね!あと、Twitterもやっとりマンモス!

【スポンサーリンク】