【ワンピース】古代種スピノサウルス、その特徴について![リュウリュウの実]

飛び六砲として登場したページワン。

今回は彼の能力である「リュウリュウの実・モデルスピノザウルス」についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

恐竜っていうのはロマンがあるよね〜、子供の頃からの憧れだったりするし!

【スポンサーリンク】

古代種スピノザウルス、その特徴について![リュウリュウの実]

今回描かれたリュウリュウの実・幻獣種・スピノサウルスの能力者であるページワンの外見は以下のような感じ。

これは見るからに獣形態だよね、全身がほぼ恐竜の姿になってる。(かろうじて髪型が人間のものとして残ってるね)

耳元まで裂けた口はアリゲーターを彷彿とさせる迫力で、いかにも強そうなゾオン系能力者だ!


ワンピース929話より引用 いかにも強そうなゾオン系能力者!

これまでも色々なゾオン系が登場してきており、その中でも(幻獣種を除けば)ルッチ辺りが最強クラスだったといえると思う。

しかし今回の古代種の登場でどうなってくるかちょい複雑になってきた気がするよね!

もちろん個人能力ではルッチは今でもトップクラスだと思うけど、悪魔の実の能力ではリュウリュウの実・古代種のほうが強力そう。

個人的にページワンを見た瞬間思ったのは「ルッチと戦ったらどうなるかな?」みたいな感覚だったかも!

では、ページワンの能力であるスピノザウルスってどんな恐竜なんだろう?

【スポンサーリンク】

スピノザウルスってどんな恐竜?

恐竜についての予備知識があまりなかったことも相まって、今回はスピノザウルスについても調べてみた。

スピノザウルスの外見は以下のような感じで、一般的な爬虫類と特に変わらない感じ。

ただ、前兆は全長は15〜17メートルということで、有名な大型肉食恐竜ティラノサウルスに匹敵する世界最大級の肉食恐竜なんだそう!


wikipediaより引用 スピノザウルスの外見はこんな感じ!

さらに面白いことに、この恐竜は「水辺~水中で獲物を捕まえていた」のだそう。

悪魔の実の能力者は海を苦手にする性質があるからアレだけど、ワノ国周りには普通の淡水もあるようだったし、淡水の浅瀬とかで優れた動きを見せるような戦い方(魚人に近いものとかね)を発揮する展開とかもありえるかもしれないね!

いずれにせよ、これまで登場してきた哺乳類、鳥類、昆虫類とは異なる「爬虫類型」の能力者ということで、オリジナリティあふれる戦いぶりに注目が集まる!!

あ、で、ラストに以下のカットを比較にしてチェックしておいてほしい!


wikipediaより引用 

上記はスピノサウルスと人間のサイズ比較の表。

で、以下はワンピース世界における人間と巨人、オーズとのサイズ比較の表だ。

こうやって比べてみると、恐竜は(前傾姿勢だからアレだけど)直立したら巨人と同じくらいのサイズってことになりそうだねー!

オーズ
ワンピース777巻より引用 人間族・巨人族・オーズのサイズ比較!

カイドウのサイズ感はおそらくオーズと同じくらい(古代巨人族)だと思うから、ページワンやドレークが恐竜化した状態で“さらに2倍”くらいのスケール…ってことになるだろうか!

【ワンピース】カイドウは古代巨人族、鬼ヶ島=国引き伝説アリと見ていきたい!

いずれにせよ、火祭りの夜(鬼ヶ島の戦い)では、3人の災害&飛び六砲を含めた巨体の持ち主たちが躍動する展開になってきそうな予感。

それぞれのキャラの特徴をしっかりと把握し、後の戦闘方法&展開予測の参考にしていきたい!!

【スポンサーリンク】