【ワンピース】海軍の機密特殊部隊SWORD(ソード)隊長としてのドレーク考察!

ワンピース956話で描かれた海軍の機密特殊部隊SWORD(ソード)。

今回はこの組織の隊長としてのドレークについてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたい!

おそらくは少数精鋭だよね、そしてCPとは独立した諜報機関!

【スポンサーリンク】

海軍の機密特殊部隊SWORD(ソード)隊長としてのドレーク考察!

ワノ国には忍者というものが存在する。

これに対して、世界政府では諜報・暗殺などを生業とする組織としてサイファーポールを抱えているんだ。

しかし今回の956話では、サイファーポールと海軍が必ずしも共同歩調を取っているわけではないことが確定した!

以下、海軍は海軍で特殊部隊を保有してる感じだね!しかもそれがドレークとは!


ワンピース956話より引用 海軍は海軍で特殊部隊を保有してる感じだね!

ドレークといえば最悪の世代のひとりであり、元々海軍サイドとの繋がりがあるともされていた人物。

そんな彼が今も海軍と繋がっている…という情報が明かされたのは面白いところだ!

ローをホーキンスから逃した人物は、やはり本命通りドレークなのかもしれないね!

ちなみに彼は海軍の機密特殊部隊SWORD(ソード)の「隊長」であることを意識しておきたい!

CPのトップであるルッチに対応するのがドレーク…ってことになるのなら、相当な実力者ってことになりそう!

【スポンサーリンク】

ドレークには七武海クラスの強さを期待したい!

圧倒的な実力を持ち、これまでの世界のバランスに影響を与えていた七武海。

コビーが機密特殊部隊SWORD(ソード)の隊員としてハンコック拿捕に向かうのならば、その上に経つドレークには当然ながらコビー以上の実力が求められる。

海軍が「コビーでハンコックが抑えられる」と見ているのならば、そりゃドレークには七武海クラスの実力を期待したくなるところだよね!

最悪の世代からはトラファルガー・ローも一度は七武海に収まった局面があったし、ドレークもそれくらいの実力を持っていてもおかしくないかも!


ワンピース956話より引用 コビーはソードの隊員だった!

ちなみに過去に登場した七武海をここで洗ってみよう。

ここはバトワンの主観によって、なんとなくの強さ順に並べてみたいと思う。

ティーチ、ミホーク、ドフラミンゴ、クロコダイル、ジンベエ、ロー、モリア、くま、ハンコック、バギー、ウィーブル(強さ未知数)。

四皇との戦いがメインとなった今となっては七武海の強さも少しインフレしてしまったけど、実力者揃いだ。

ワノ国編での百獣海賊団陣営の構成員は全体的にかなりヘナチョコな印象があるけど、ドレークには相当に期待して良さそうな予感がするね!

ドレークには上記、七武海のメンバーに加えても遜色のない実力を期待したい!!

【スポンサーリンク】