【ワンピース】耳たぶクラッカーの強さ考察、福ロクジュによる中距離攻撃!

ついに戦い方を明らかにしはじめた福ロクジュ。

今回は彼の使用した耳たぶクラッカーについてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

攻撃力はともかく、自由自在に動かせるのがすごい!

【スポンサーリンク】


 

耳たぶクラッカーの強さ考察、福ロクジュによる中距離攻撃!

使用された耳たぶクラッカーの様子は以下のような感じ。

耳たぶという、通常では神経が通ってないであろう部分を自由自在に動かして攻撃しているのが印象的だ!

しかもその振り回しっぷりは耳たぶがいくつにも見えるほどで、かなり熟練しているのがわかるね!

悪魔の実の能力ではないと思うけど、これほどまでに使いこなせるのはすごい!


ワンピース1022話より引用 使用された耳たぶクラッカー!

普通に考えると耳たぶなんかで戦うより、何かしらムチでも使ったほうがいいような気もする。

しかし、耳たぶは体の一部なのでムチのように持ち歩く必要がないのがメリットだよね!

いつでもどこでも、必要に応じて使用して戦えるのがいい感じだ!

刃物とかで切られたら弱そうだけど、耳たぶがちょっと落ちたくらいでは大丈夫かな?

いや、でもこれだけコントロールしてるなら中の神経も鍛えられてそうだし、激痛が走る可能性も。

【スポンサーリンク】

雷ぞうの分身を見破って対応するほどの実力!

またそれだけでなく、福ロクジュは雷ぞうの分身を見破るだけの実力もあわせもっている。

当然彼も忍者だから分身を見破る術も理解してるのかもしれないけど、それでもこれは容易ではないことなはずだ。

その証拠に雷ぞうは相手が忍者であるにも関わらずに分身の術を使っている(通用すると判断している)し、福ロクジュも福ロクジュで本物を見破ったときにテンションが上っている。

分身の術ひとつとっても基本のカラクリがあり、それをベースにそれぞれがオリジナルで技を磨いているのかもしれないね!


ワンピース1022話より引用 雷ぞうの分身を見破って対応するほどの実力!

何はともあれ、雷ぞうと福ロクジュの戦いはワンピースでしっかりと描かれた最初の忍者バトル。

忍法と忍法のぶつかり合いであることにも注目があつまるし、福ロクジュの技がユニークなのもワンピースらしさだよね!

すでに飛び六方も壊滅していることからすでにワノ国編は大詰めだとおもうので、この戦いはそこまで長く続きはしないはず。

長くてもあと1話くらいで「雷ぞう勝利」の展開が来ると思うので、それまでに色々な忍術を披露してほしいところだね!

火遁だったり水遁だったり、基本的な忍術は一通り見てみたい気がするかも!

【スポンサーリンク】