【ワンピース】船着き場に着いたゾロの行方と待ち構える展開、4つのパターンについて!

920話にて再びの方向音痴を発揮して船着き場についたゾロ。

これから船に乗ろうか、乗るまいか…といった状況だけど、さてこれからどうなるだろうね!

以下、THE・単独行動をしてはならない男、ロロノア・ゾロの今後の展開について、4つのパターンを考えていきたい!

【スポンサーリンク】

船着き場に着いたゾロの行方と待ち構える展開、4つのパターンについて!

まず最初に考えてみたいのは「花の都組と合流する」というパターンから。

これが最も穏便で、トラブルが少ない流れになるだろうか?

以下のカットでは「また」って言ってたから、九里に来るときもきっとこの船に乗ってきたんだろう!


ワンピース920話より引用 来る時に乗った船に再び乗れば、元の場所に戻る可能性が高そう!

シンプルに考えて、来る時に乗った船に再び乗れば、元の場所に戻る可能性が最も高そう。

しかし花の都でゾロは指名手配されているはずなんだけどね…大丈夫だろうか!

ちなみにもし無事に花の都に到着できたなら(ロビンは狂死郎のところに潜伏しているので)、合流するならフランキーかウソップの可能性が高いと思う。

で、次に触れてみたいのはまさかの「たしぎ登場ルート」について!


ワンピース12巻より引用 たしぎとゾロにはかなり昔から因縁がある!

かなりの昔から因縁を持っているたしぎとゾロ。

彼女に関しては「ワノ国編で登城しなかったらいつ登場するんだ!」という意見が飛び交いそうなほど、再登場を渇望されているキャラのひとり。

現在世界政府はレヴェリー中だから彼女がフラっとワノ国に現れる可能性は低そうだけど、今ゾロがひとりになったタイミングはたしぎが登場してくる絶好のタイミングでもあるかも知れないよね!

もしここで再登場を果たすなら、それに相応しい理由が明かされてくるだろうから、逆算して組み立ててみるのも面白いかも!

【スポンサーリンク】

リューマの墓に迷いつくパターン!

次に「リューマの墓に迷いつく」というのもありえる流れかな?と思う。

一度でもリューマの墓を知っておけば、後々そこに「名刀・秋水を返す」というイベントの布石にはなるかも?

現在ワノ国編では二代鬼徹がすでに登場しているし、ゾロが刀を新調するには絶好のタイミング。

和道一文字以外の2本が2本とも鬼徹シリーズになる可能性は低いとは思うけど、仮に今後の戦いの中で秋水が折れるようなことでもあれば、そういう展開も無きにしもあらずかもね!

ワノ国墓荒し騒動
ワンピース 第70巻 699話より引用 墓荒し騒動の犯人と勘違いする錦えもん、この時の伏線回収の続編に期待したい気持ちもある!

ちなみにゾロの立場に立ってみて「リューマが生前どんな侍だったのか?」というのは少し興味がありそうなところ。

そういった意味では“リューマの血を引く実の息子”とかと出会って剣を交える…みたいなイベントも面白そうかもね!

で、最後にいちおう触れておきたいのが「船に乗ろうかと思ったけど、やっぱ乗らなかったパターン」について!

その場合は刀鍛冶である天狗山飛鉄と絡みが期待できる気がするんだけどね〜!


ワンピース912話より引用 天狗山飛鉄は刀鍛冶(美少女こけしのコレクター)であることが判明した!

【ワンピース】天狗山飛鉄&二代鬼徹、2本の名刀の登場について!

ゾロが船に乗ったものと読者の意識を誘導しておいて、実はちゃっかり飛鉄に「新しい刀を作ってもらっていた」とかって展開はどうだろうか?

あるいは「和道一文字を研ぐために預け、代わりに飛鉄の刀を借り受ける」みたいなの流れも面白いかも。

せっかく刀鍛冶として登場したんだから、ゾロとの接点は持ってほしいところだよね!

ゾロはしっかり者のように見えて、ルフィとは違う意味で“読めない動き”をすることがあるから、その辺りをあれこれ考えていくのもまた、ワノ国編の考察を楽しんでいくうえで面白いアレかもしれない!!

【スポンサーリンク】