【ワンピース】誰に向けて歌われた歌?追撃の意思表明&意識・無意識の境界線について!

次回の901話に向けて思うことは色々あるんだけど、今回はビッグマムの意思表明について!

今のビッグマムはまさに「天にも昇る心地良さ」って感じで、フワフワとした夢のような気分を味わっている状態。

彼女はのスタンスは「来る者は拒まず、去るものは殺す」だったはずだけど、さてこれからどのように振る舞うだろうね?

【スポンサーリンク】

誰に向けて歌われた歌?追撃の意思表明&意識・無意識の境界線について!

色々なパティーンが考えられるとは思うんだけど、現時点でのバトワンの解釈ではビッグマムは「意識が朦朧と(もうろう)している」といったイメージ。

食いわずらい時間が長かったこともあるし、サンジのケーキが美味すぎたこともあるし、まさに意識がぶっ飛ぶ寸前…と見ていきたいかも!

で、そんな中でフラつくメンタルを抑えつつ歌われたのが、以下のバッドエンド・ミュージカルだったんじゃないかな!

ここにも「来る者は拒まず、去るものは殺す」の考えが表れてるけど、この方針が現実的に実行されるかどうかは重要なポイントだといえる!


ワンピース900話より引用 歌の中にも「来る者は拒まず、去るものは殺す」のスタンスは歌の中にも表れてる!

現在WCIに終結している明らかな「反ビッグマム派の勢力は4つ(見方によっては5つ)」だといえると思う。

  • 第一勢力…麦わらの一味
  • 第二勢力…ファイアタンク海賊団
  • 第三勢力…ジェルマ王国
  • 第四勢力…タイヨウの海賊団
  • おまけ(?)…シーザー・クラウン

さて、今回の「出ていくんなら殺すけど」のフレーズは、誰に向けて歌われた歌なんだろうね?気になる!!

【スポンサーリンク】

それぞれの退却難度を考えてみたい!

これらの点を踏まえて、上記チームの退却難易度を考えてみたい。

シーザーだけは場に表れてないから未知数だけど、残る4チームはどれも強力な包囲網にさらされてるよね!

この中でいうならば、何もなければベッジ達が最も逃げやすいかんじかな?

次いでジェルマ勢。

彼らはモンドールらに特殊な弾丸による遠巻きの集中砲火を受けている感じで苦戦中…って感じだけど、器としてはイチジ・ニジ・ヨンジ・レイジュのほうが上だと思うし…起死回生の切り返しがあってもおかしくないところ。

ジャッジとスナックがブツかっている点を除けば、ジェルマ勢はわりと逃げやすいだろう。

で、残るは麦わらの一味&タイヨウの海賊団なんだけど…。


ワンピース900話より引用 オーブンの範囲攻撃を受けるタイヨウの海賊団!

これはあくまでバトワンの考えなんだけど、麦わらの一味&タイヨウの海賊団の退却難易度はおよそ五分。(やや麦わらの一味のほうが逃げにくいかな?)

というのも、この海域は最も“死地”って感じになっており、オーブン・ダイフク・スムージーらが全て終結しているからなんだよね。

ビッグマム&ペロスペローが次に狙うであろう場所もまた、戦いの中心地であるカカオ島になるだろうし、そうなるとアメウミウシやらまで動員されてきてかなり危ない。

魚人族は深海に逃げられればかなり優勢になると思うけど、それを理解しているアラディンらがどのような行動を取るかは別の話。

彼らの目的が「麦わらの一味&ジンベエの船出を無事に見送ること」であれば“深海に逃げれば魚人族が有利”という特製を最大限に活かして、逆にギリギリまで粘ろうとする可能性だってある。

最大戦力が密集し、過去最大の鉄火場となっているカカオ島近海…。901話の流れがどうなってくるか、今から気になって仕方がない!!

【スポンサーリンク】