【ワンピース】赤鞘の命の使いどころ、その発言の真意やいかに?

一度は破れた赤鞘九人男。

今回のエピソードでは、ついに彼らが動き始める展開へと発展してきたね!

ともあれ、そのまま特攻するわけではなく、ちょっとワンクッション挟んでいく感じ。

今回はその辺りについて思うことを示していくね!

【スポンサーリンク】

赤鞘の命の使いどころ、その発言の真意やいかに?

まず最初にチェックしていきたいのは以下のカット。

ここでは満身創痍の錦えもんが立ち上がり、再び戦場に戻ろうとしているところだ。

ボロブレスを斬ってみたり、一定の見せ場を発揮してくれた錦えもんだけど、もうひと花咲かせてくれる可能性もあるかもしれない!

ワノ国篇前半〜中盤までは踏んだり蹴ったりだったので、もう一回くらい見せ場があってもいいね!


ワンピース1007話より引用 錦えもんはもう一回くらい見せ場があってもいいね!

いま赤鞘の面々が戦場に戻ろうとも、できることはきっと限られている。

すでに体力はかなり消耗しているし、彼らのこれまでの実力を考えると飛び六砲と渡りあっていい勝負ができたら御の字だ。

かといって彼らは戦略的な立ち回りは苦手だと思うので、メンバー全員で飛び六砲を1人づつ奇襲&集中攻撃して各個撃破していくような手段はあるかもしれないね!

少し卑怯なように感じるかもしれないけど、勝ちにこだわるなら十分にアリな戦略だといえるだろう!

【スポンサーリンク】

おでんの幻影にどう対処するのか?

で、つぎにバトワンがめっちゃ気にしてるのは以下のカット。

今回登場したおでん様は確実に偽物だと思うし、いかに赤鞘といえど、それがわからないほどアホではないはず。

この「ニセモノ」がどう立ち回るか、あるいはそれにどう対応するかは、彼らの行動に大きく影響を与える要素となってくることだろう!


ワンピース1007話より引用 この偽者にどう対応する?

少し前の考察では、このニセモノに対して肯定的or中立的な意見を示した。

しかしこのニセモノが悪い方向(足を引っ張る方向)へと全体を導こうとする可能性もある。

マネマネの実のかつての保有者、黒炭ひぐらし。

その強烈な存在感に対してあっという間に首を落とされてしまった黒炭オロチ。

このおでん様にはその辺りが関係してくる可能性があるような予感がするんだよね、あくまで感覚的なものだけど。

あのとき首を落とされたオロチが即死したと見るのもひとつだけど、彼は用心深さでいくとワンピース世界で現状ダントツのNo1だと思う。

カイドウが裏切る可能性を視野に入れてなかったとは限らないと思うんだけど…さてはて。

何はともあれ、今回登場した上記カットの光月おでん。

味方・中立・敵対・相互利用…などいろいろな可能性があると思うけど、それに対して赤鞘たちがどう反応していくのか…。

以降の1008話の展開が楽しみで仕方がない!!

【スポンサーリンク】