【ワンピース】鬼ヶ島編コンポート&フランペ戦闘に対する期待値!

WCI編に引き続き連続登場となるビッグマム海賊団。

今回はその中から、かなり存在感がある2人のキャラについて考えていきたいと思うよ!

コンポートもフランペも侮れない人物だ!

【スポンサーリンク】

鬼ヶ島編コンポート&フランペ戦闘に対する期待値!

んまず最初に触れたいのが以下、長女コンポート。

本編では戦闘シーンが描かれていないものの、化け物と呼ばれるほどだから相当な実力者に違いない!

ちなみに年齢としては49才で、ペロスペローの50才に対して1才年下となる。

ここもひととのキーポイントになるね!


ワンピース861話より引用 長女コンポートの外見表現はこんな感じだった!

あれだけキャラが躍動したWCI編において、戦闘シーンが描かれなかったというのは相当なこと。

おそらくその実力は、尾田先生によって意図的に隠されたに違いない!

ちなみにもし鬼ヶ島編で「ペロスペロー戦死」みたいなイベントが起こった場合。

この条件で“年功序列”が適用されたら、ビッグマム海賊団を後継するのはコンポート…ってことになってきそうだよね!

外見的にも最もマムを引き継いでいるし、後継者にいなれるポテンシャルも高い点について、しっかり理解しておきたい!

【スポンサーリンク】

36女・フランペについて!

後半では36女・フランペについて触れていこう。

彼女もなかなかの存在感を持つキャラクターだったと思う。

ビッグマム海賊団の中でも“ベスト妹(イモ)ーティスト賞”を受賞してる…ってことで、兄たちからもかなり可愛がられてるっぽい感じ。

作中では以下、カタクリとルフィの戦いに水をさしたことで見せ場があったのが思い返される!


ワンピース893話より引用 吹き矢・シビレ針による援護でルフィの動きを制限しようとするフランペ!

彼女の特徴は(若さゆえの部分もあるかも)無慈悲な不意打ちをも意に介さないところと、無音のしびれ針のような不意打ちを得意とするところ。

ルフィやカタクリレベルの見聞色が飛び交う中、命中させることが出来るのはすごいことだ!

彼女に関しては単体の戦闘能力はそこまで高くないだろうものの、存在自体がけっこう危険。

いつどこでキーマンに毒針を打ち込んでくるかわからない恐ろしさがあるからだ。

例えばカイドウvs麦わらの一味…みたいな展開になった時、背後からナミに吹き矢が命中したとしよう。

そうなるとおそらくサンジかブルック、フランキー、チョッパーあたりがナミを一時的に戦場から遠ざける動きを取らなくてはいけなくなる。

つまり1本の吹き矢で2〜3人を(一時的にでも)戦場から遠ざけることが出来るのがフランペという存在なんだよね!

このことを考えると、タイミング次第では一騎当千の戦いの難易度をグンと引き上げてくる可能性がある、危険人物といえるんじゃないかな!

【スポンサーリンク】