【ワンピース】3人の英雄+4人目の候補者について!

ワンピース海賊の世界でのステータス。

それはやはり海賊王、四皇、七武海や、あるいは懸賞金額。ときには通り名もそれにあたるだろう。

しかしそれだけでは語れない重要なファクターも存在する。

今回はその中から“英雄”について触れていこう!

【スポンサーリンク】

3人の英雄+4人目の候補者について!

英雄というのは、海賊の強い弱いとは別の概念だ。

強い弱いだけではなく、人として世の中に大きな影響を与えた人間を、今回は英雄として扱おうと思う。

実際の歴史でいうなら、たとえばガンジーやマザーテレサ、キング牧師などがそれにあたる。

べつに喧嘩が強いわけではないんだけど、確実に世の中にインパクトを与えた偉人たちだ。

そういう意味ではやはり、以下のフィッシャー・タイガーなどは偉人に数えられるだろうね!

63タイガー
ワンピース63巻より引用 フィッシャー・タイガーは奴隷解放の英雄だ!しびれる!!

当人は魚人であり、人間を憎みながら人間を助けた(コアラ)経験ももつ人物。

奴隷解放にも関与しており、魚人族の人権に正面から向き合ったすばらしい人物だといえると思う。

彼の存在は以降もコアラやジンベエなどを通してワンピースの海賊世界に強く影響を与えている。

で、次にみていきたいのは光月おでんだ!


ワンピース961話より引用 おでん様の外見表現はこんな感じだった!

おでん様に関しては、戦いにおいても実力を持っていた侍。

しかし石工としても優れており、考古学者のような一面(厳密には違うけど)もあったといえる。

空白の100年に関しても知っていると考えられるし、戦闘面だけでなく“歴史の証人”っといった意味でも重要な人物だといえるだろう。

また同時に、カイドウに破れはしたもののワノ国の大名として慕われていた男でもある。

【スポンサーリンク】

歴史を知る者たち!

そして次にチェックしたいのは以下。

クローバーさんはオハラで活動していた学者であり、ロビンを育ててくれた恩人のひとりでもある。

彼は空白の100年の真実にたどり着いていたと考えられ、それが結果としてオハラのバスターコール(大量虐殺)へと繋がってしまった。

このとき彼の知る真実が世の中に出ていれば、歴史は大きく変わっていたのかもしれない…!


ワンピース41巻より引用 彼は空白の100年に明確な仮説を立てるところまで、研究を進めていたよう!

おでん&クローバーは「空白の100年」について知っており、空白の100年には魚人族と人間の諍いが関与している。

ワンピースの歴史は間違いなく、この2つが軸になって組み立てられていると断言できる。

これらの要素を踏まえると、次に現れる偉人はやはり、以下の人物で間違いないだろう!

80ドラゴン
ワンピース80巻より引用 CPに警戒するドラゴン。革命軍は明確に世界政府と対峙している!!

反権力思想について&ドラゴンとルフィの共闘が描かれる瞬間のこと!

ルフィは海賊王になると思うけど、偉人になるかというとそれはまた別だと思う。

偉業は達成するはずだけど、空白の100年がどうたら…といった部分はあまり興味を持たなさそうな気がするかな。

どちらかというと、空白の100年に対して強い興味と、そこで行われた“何か”に対して強い憤りを持っているのは、おそらくドラゴンであるはずだ。

ルフィはきっとワノ国編で侍たちに加勢したように、ドラゴンたちの偉業に加勢をする…といった形で、歴史に関与していくきがするかな!

いずれにしても、魚人と人間問題&空白の100年問題の双方に関係あると考えられる重要人物はやはりドラゴンで決まりだと思う。

最終話に近付くにつれて、きっとその辺りが掘り下げられてくるとおもうので楽しみにしていきたいところだね!!

【スポンサーリンク】