【ワンピース】910話・911話に繋がる謎と伏線、城が桜の上にある理由&群雄のこと!

おっし!ついにワノ国編もスタートして、ワクワクの衝動が止められないここ数日!

まだまだ“お披露目”の段階だから、これから次々に「盛り上がり要素」が叩き込まれてくるに違いない!

WCI編や世界会議の流れを思い返せばわかるように、すんごくなるのはこれからだよねきっと!!

ということで以下、910・911話あたりでバトワンが注目しているポイントについて記していこうと思うよ!

【ワンピース】910話「いざワノ国へ」ネタバレ確定感想&考察![→911話]

【スポンサーリンク】

910話・911話に繋がる謎と伏線、城が桜の上にある理由&群雄のこと!

さてさて、まずはこの壮観なワノ国の外観から!

もうね、これを見るだけで冒険心と想像力を掻き立てられてしまうよね!

そして何より、今声を大にして叫びたいことは…。

「一刻も早くカラー絵で見たい!!」ということ!

パッと見時点ですごいのは伝わってくるんだけど、カラーだったらより一層ヤバいことになると思うしさ!楽しみ!!

これはきっと美しいぞ〜〜!!


ワンピース909話より引用 ワノ国の外観表現はこんな感じだった!

また、ワノ国に関しては、その地形に関してもさりげなく注目していたり。

パッと見当たる中で最も印象的要素は以下の2つあたりかな?

  • 桜(松かも?)舞い散るの大樹の上のお城
  • 大きな橋と左右の鳥居

大きな桜の樹(?)の上に鎮座するお城については、正直「なぜあんな不安定そうなところに!?」って印象が第一感。(大発見っぽい気付きがあったので後述します!)

しかしここにも、何か明確かつ特別な理由が用意されてるはずなんだよね!

桜と共にワノ国全体を見渡すかのようなこのお城、ここは間違いなく冒険の舞台担ってきそうな予感がする!!

また、2点めの「橋と鳥居」もバトワン的には“和の象徴”だと感じるんだよね、どうかな?

【スポンサーリンク】

橋と鳥居と鎖国政策について!

神社の鳥居はやはり、日本らしさを象徴する素晴らしいオブジェクトのひとつ。

例えば以下の厳島神社(いつくしまじんじゃ)の大鳥居とかはすごい有名だよね!

ちなみに鳥居とは神社などにおいて「神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)」の役割を果たす門…なんだそう!!

この要素はワンピース本編にも盛り込まれてくるかもね?


wikipedia 厳島神社の大鳥居はこんな感じ!美し〜!!

ワンピース世界の鳥居もまた「俗世と神の領域を分かつ門」だったとするならば、城主であろう将軍はまさにワノ国において、神のような絶対権力者なんだと思う。

ワノ国が鎖国していることを考えれば、マリージョアの「天竜人=神とする教え」と相反している…という見方も出来るんじゃないかな!

信仰の対象は2人も3人も必要ない。

というか政治をする側にとってみれば(方針にもよると思うけど)そんなにいてもらっちゃ困るのかも?

そういう理由から、鎖国政策をしている…という見方も出来るような予感もしてきた!

長くなっちゃったので続きは次のページで!

【スポンサーリンク】