【ワンピース】924話・925話に繋がる謎と伏線、必要だった敗北のこと!

ほぼワンパンに近い形でKOされてしまうことになった対カイドウ戦。

カタクリやドフラミンゴとの死闘を勝ち抜き、ビッグマムとも打ち合ったルフィがこれほどまでにワンサイドゲームで敗北してしまうとは…・

ということで以下、今回は924話・925話に繋がる謎と伏線を追っていきたいと思うよ!

特にチェックしておくべきなのは「必要だった敗北」という概念。

これをスルーしてしまうのと、しっかりと分析しておくのとでは、シナリオの理解度に雲泥の差が出てくると思う!!

【ワンピース】924話「は」ネタバレ確定感想&考察、ワノ国第一幕、完![→925話]

【ワンピース】924話真髄×正面敗北×絶望的な壁にどう対抗する?ネタバレ予想&考察![→925話]

【スポンサーリンク】

924話・925話に繋がる謎と伏線、必要だった敗北のこと!

今回の924話では、カイドウの雷鳴八卦の一撃によってルフィが完全敗北を喫することになった。

以下のカットはまさにそのシーンで、ルフィにとっては本当に悔しい場面(といっても気絶してたらそう感じることすら出来ないと思うけど)だったと思う。

出来ればここはなんとか立ち上がって反撃してほしいところなんだけど、さすがにその展開は限りなくゼロに近いだろう。

今回の敗北はきっと、ルフィが強くなるために必要な敗北なはずなんだ。

人間は誰だってそうだけど、自分の弱さに気付けないうちは絶対に強くなれない…!!


ワンピース923話より引用 今回の敗北はきっと、ルフィが強くなるために必要な敗北なはず!

読者視点からしてみると、確かに主人公には負けないでほしいと願いたくものだし、実際に負けなしなら負けなしでそれなりの爽快感を感じることは出来る。

しかし、ワンピースの読者に関してはどっちかというと、強いルフィを見たいのではなく「絶対に無理だと感じるような状況を、ルフィがどのように覆していくか?」という点に対し、一段の期待を抱いているファンが多いんじゃないかな?

この敗北を認めずに、強引に思考を暴走させれば「ギア5の登場!」とか「ゴムゴムの実がここで覚醒する!」みたいなことも言えるんだけど、バトワンとしてはそれは少し予想・考察とは違うと思う。

数々の困難に立ち向かい、それに向かってさらに全力で立ち向かってもやっぱりダメで…。

それでも満身創痍&傷だらけになりながら頑張っていくルフィの後ろ姿にこそ、多くの読者が感銘を受けているはず。

この点を踏まえると、ここは「完全敗北」が最も自然な展開のように、バトワンには思えるかな!

【スポンサーリンク】

過去の敗北から学べることがないか確認してみよう!

次に、ルフィの過去の敗北から学べることがないか確認してみよう!

今回の対カイドウ戦もかなり激しいファーストコンタクトだったと思うけど、この敗北っぷりはこれまでのライバル達との戦いと比較してどうだろうか?

例えば過去最大級の絶望感を与えられた「対クロコダイル戦」とかは、よい比較材料になるかもしれない!

まだロギア系の能力者に対する具体的な対抗手段がなかったグランドライン前半の海。

この時ルフィはクロコダイルの圧倒的なまでの戦闘能力に為す術なくやぶれてしまった…!

20敗北
ワンピース20巻より引用 クロコダイルに敗北したルフィ…!この時も鮮烈だった!

上記カットに至るまでは多少の攻防があったけど、結果的にはほぼ初めての「決定的惨敗」だったと思う。

この時の読者の多くはめちゃくちゃゾッとした(バトワンも当時のことをよく覚えている!ヤバかった!)んじゃないだろうか!

ちなみに今回の対カイドウ戦における瞬殺っぷりはこの時のそれと比較してもかなり壮絶だったように思う。

ルフィも相当に強くなり、世界屈指の実力者に成長しているはずなのに…まさに規格外のパワーだった!

で、今回の“カイドウとの力の差”は、どっちかというと以下の敗北のほうに近いものがあると思う。

この時は現在同様に、ほぼワンサイドでの敗北だった…!

34一騎打ち
ワンピース34巻より引用 この時のルフィの一方的な敗北も印象的だった!!

アイスタイムによって一撃で氷漬けにさせられてしまったルフィ。

あの時とは状況が違うからこれをそのまま現在の状況に当てはめてパワーバランスを測るのは違うと思うけど、このシーンは「大将クラスならもしかしたら、カイドウに太刀打ちできるんじゃないか?」と感じさせるのに充分なカットだったと思う。

思えば大将がカイドウを抑えられないようなら、すでに世界政府はカイドウに落とされていておかしくない…ってことになる。

世界政府が四皇に落とされていない現状を見る限り、元帥や大将クラスならば、カイドウに対して充分に対抗できる手段を持っているといえそうな気がするかな!

カイドウが能力者なら「海楼石の鎖で縛る」みたいな手段も効果的だけど、そもそもその状況を生み出すためにも、大将クラスは(協力アリ含む)カイドウを“動けなくさせる”くらいの実力は持っていると考えてい良いと考えていいかもしれない!

現状はカイドウの実力に注目があつまって然るべき流れだけれども、ルフィがカイドウと戦ったことで「ルフィとこれまで戦ったキャラの強さ」が少しだけ測れるようになっている点に注目しておきたいかもね!

さて、次のページでは再び「必要だった敗北」に戻るんだけど、今度は麦わらの一味のクルーを交えて考えていきたいところ!

【スポンサーリンク】