【ワンピース】939話ネタバレ確定感想&考察、上位武装色×掛け算強化の実現近し?[→940話]

今週も待ちに待った月曜日が来た!

ということで、今日もコンビニダッシュしてジャンプを買ってきたよ!

花粉の季節なので例年のように「鼻に目薬」しながら(点鼻薬買えよw)記事を書いていますw

ということで以下、939話を読んでのバトワンなりのかんそう&考察を示していきたい!

【スポンサーリンク】

939話ネタバレ確定感想&考察、上位武装色×掛け算強化の実現近し?[→940話]

先週は鬼滅の刃の読み切りとかもあって充実だったんだけど、ワンピースが休載で少し寂しかった感じ。本当今週は待ち遠しかった…!

ということ939話について触れていきたいんだけど、まずはその前に好例の扉絵シリーズから!

今回は「海底でタカアシガニがジンベエの散髪をしているところ」が描かれることになったね〜!

リラックスモードのジンベエの表情が良い感じ!


ワンピース939話より引用 今回は「海底でタカアシガニがジンベエの散髪をしているところ」が描かれることになった!

カニといったらやっぱりハサミ、ハサミといったらやっぱり床屋…ってことで、このい1枚はとても夢のある楽しいコンセプトになっていると感じました!

ちなみに上記のカットでは、ジンベエが大物ってこともあってか、タカアシイガニまで大物っぽく見えてしまうw

侠客御用達の床屋…みたいな感じかな?

【スポンサーリンク】

939話本編について!

さて、ここからは939話の本編について触れていこう。

ここは色々と思うところがあるんだけど、日和が思ったよりも人懐こく無防備!

バトワンとしてはこれがめちゃくちゃ意外だったと思ってる!


ワンピース939話より引用 日和が思ったよりも人懐こく無防備!

びん豪を始めとする様々な男をたぶらかし、全ての金を巻き上げた挙げ句、都から追放するきっかけを作った小紫。

1人2人の男をたぶらかすだけならまだしも、あれだけ多くの男から全てを巻き上げるためには、単なる天然だけではなく、やはり「男心を踏まえた計算」も必要だと思うんだ。

しかし上記の小紫はどことなく、そういうのが出来るタイプには見えないかも?

誤解を恐れずにいうならば、どこか「あざとい印象」を受けたかもね。

で、続いて以下のカットもチェックしておこう!


ワンピース939話より引用 非常に口数多く、ゾロに畳み掛ける日和!

状況を整理しようとするゾロの思考を上回るスピードで、言葉を畳み掛けていく小紫。

この様子はまさに“普通の女の子”であり、26才という年齢を加味すると少し子供っぽい印象すら受けるところだ。

ここ、強い違和感と動じに思うことが出てきたので後述していきたい!

【スポンサーリンク】

過去について語る日和!

次に触れていきたいのは日和の身の上話について。

自らがモモの助の妹であると早々に打ち明けた光月日和。

939話の前半では、彼女の語る情報を整理するゾロが主体となって描かれていた。

というか以下、ゾロの想像するモモの助の顔がw


ワンピース939話より引用 ゾロが思い返しているモモの顔!

少し話がそれちゃう感じなのかもしれないけど、ゾロが思い返しているモモの助の顔。

他にも色々な表情が思い浮かべられるはずなのに、あえてこの表情が浮かび上がってきたのは少し興味深い。

ゾロにとってモモは本当に“そういうヤツ”に見えてる…ってことなんだろうねw

で、次に確認してみたいのが以下のカット!

彼女の語るその日はまさに、モモの助たちが現在へと飛ばされたXデー(エックスデー)。

これ以降、はぐれるまで彼女は“河童の河松”に護られて生きていたのだという。


ワンピース939話より引用 過去について語る日和!

現在26才の日和だけれども、話によるとあの日から13才までの期間は河松が世話をしてくれていたとのこと。

ただ上記カットからの一連の流れは、なんだか「日和がゾロから強引にでも信頼を勝ち取ろうとしている」かのように見えたかな…?

なんか奇妙な違和感が生じた結果、第二のシナリオの可能性が浮上してきたと思う。

この辺りについては次のページでも触れていこう!

【スポンサーリンク】