【呪術廻戦】伏黒恵の強さと人物像考察、鵺・玉犬などを使って戦う二級呪術師!

鵺・玉犬などを使って戦う二級呪術師、伏黒恵。

今回は彼についてバトワンなりに考察し、理解を深めていけたらと思うよ!

式神との連携によって敵を翻弄していく戦い方は、呪術廻戦ワールドの中でも伏黒ならではの雰囲気があって良いね!

【スポンサーリンク】

伏黒恵の強さと人物像考察、鵺・玉犬などを使って戦う二級呪術師!

呪術廻戦における伏黒恵の外見表現は以下のような感じ。

バトル漫画における「主人公のライバルキャラ」らしく、黒髪クールのテンプレは踏襲しているものの、そこまで既視感なく作品に溶け込んでいるのはかなり良いポイントだと思う。

ライバル同志でガツガツバチバチやり合うような作風ではなく、どっちかというとやや「もの悲しさ」をまとった雰囲気の作品なので、もしかしたらそのことが伏黒のキャラクター性に特殊なオリジナリティを与えているのかも知れない!


呪術廻戦1巻より引用 呪術廻戦1巻における伏黒の外見表現はこんな感じだった!

作中における伏黒は、特級の呪物であるう「宿儺の指」の回収のために宮城県仙台市の杉沢第三高校に派遣された人物。

その際に虎杖と出会い、起承転結の「起」を作るキッカケをもたらしている。

東京都立呪術高等専門学校の一年生の中でも“二級呪術師”に分類されており、単独任務の遂行も出来る人物として知られているみたいだ。

彼に関してもこれからストーリーが進行していくに従って、さらに深みが増してくるキャラのように思えるんだけど、さてどうだろうね!

伏黒の成長についてもぜひ期待していきたいところ!

【スポンサーリンク】

戦闘面における伏黒恵のこと!

後半では戦闘面における伏黒について触れていこう。

自分の影(影絵)を使って生み出した式神を使って戦うのが伏黒の戦い方。

当人と式神の連携で呪いを祓っていくスタイルで、宿難から見ても戦闘センスは高いほうなんだそうだ。

現状使用された式神としては鵺(ぬえ)と玉犬(ぎょくけん)などが登場しており、以下は後者にあたる!


呪術廻戦1巻より引用 伏黒は影絵から動物の式神を召喚して戦う!

また、複数の式神を合成することも出来るとのこと。

そうすることで「2つの式神の性質を持った式神」を作り出すことが出来るそうで、この特徴はかなりのポテンシャルを感じてしまうところかもしれないね!

後々になれば、強力な式神と強力な式神を合成するなどして、どんどん強くなっていける余地を持っていそうな予感がするので、その辺りにも注目して見守っていきたいところだ!!

現段階では五条や七海のほうが目立っている印象があるけれども、これから先のシナリオの中では少しづつ伏黒が巻き返して存在感を発揮してくる可能性もあるだけに、再注目・最重要キャラのひとりとしてしっかりと認識しておきたいと思う!

作者の目線に立って考えてみると、伏黒はいずれかのタイミングで主人公に並ぶほど重要な役割を担ってくるような気がするかな!

【スポンサーリンク】