【呪術廻戦】100話ネタバレ確定感想&考察、ナナミン強っよ![→101話]

今回も面白かった呪術廻戦。

以下、100話を読んでのバトワンなりの感想&考察を示していきたい!

何はともあれ、今回はナナミンの強さが炸裂しまくった展開となったね!

【スポンサーリンク】

100話ネタバレ確定感想&考察、ナナミン強っよ![→101話]

なにはともあれ、ナナミンの実力が爆裂した今回の100話。

野薔薇を相手にわりかしマウントとってた敵術士を相手にして、ほぼワンサイドゲームの仕上がりとなっていた!

以下のカットではノーモーション…かどうかはわからないけど、少なくともかなり軽く薙ぎ払った感じの殴りで、とんでもないダメージを通しているようにみえる!


呪術廻戦100話より引用 かなり軽く薙ぎ払った感じの殴りで、とんでもないダメージを通しているようにみえる!

このカットは目視したら「ダメージでかそう!痛そう!」みたいな感じだと思う。

しかし言語化するとけっこうやばくて「ワンパンで殴られ、地面に一旦叩きつけられワンバウンドしたうえ、空中で一回転してふっ飛ばされた」って状況。

もちろん描写だけでも凄さは伝わってくるんだけど、言語化してみるとまた違ったヤバさが浮かび上がってくることは間違いないだろう!

【スポンサーリンク】

圧倒的なり一級術士!

そんなこんなで圧倒的な実力を発揮したナナミン。

ちなみに今回は野薔薇もいい感じで活躍し、敵術士の能力を封鎖してみせた。

しっかりと連携が取れていたことは、今回の決着をかなり早めたといえるだろう!

しかしともあれ、今回は“野薔薇回”と呼べるようなバトルシナリオになると思っていただけに、意外な展開に収束した感じだったね!

こういった流れに説得力をもたせられるのもまた、呪術廻戦という作品がこれまで培ってきた信頼の賜物であるといえるかもしれない!


呪術廻戦100話より引用 ナナミンの強さが炸裂するシナリオとなった!

ということで、今回の100話はいいかえるなら“ナナミン無双”といった感じ。

最後の最後では虎杖と狗巻先輩の合流も描かれ、渋谷駅構内へと駒を進めた様子。

現在は“五条奪還作戦”の真っ最中とあって、緊迫した状況が続いてる感じ。

今回はナナミン無双で快勝だったけど、これから先の展開では夏油とか真人とか危ないヤツらと五条抜きで戦わないといけない展開にいなってくるからね〜。恐ろしいよね!

まぁ五条がバランスブレイカー的な部分もあったからシナリオ的には釣り合いが取れてくるのかもしれないけど、さて次回の101話でどうなってくるか。

虎杖とかは真人からダイレクトに狙われる展開になってきてる(92話参照)し、これからの戦いはかなり白熱したものになってきそうな予感がする…!!

【スポンサーリンク】