【呪術廻戦】250話ネタバレ確定感想&考察、真贋相愛の効果![→251話]

今週も面白かった呪術廻戦。

以下、250話を読んでのバトワンなりの感想&考察をしていきたいと思うよ!

今回は宿難目線、乙骨の強さが改めて浮き彫りになったね!

【スポンサーリンク】

250話ネタバレ確定感想&考察、真贋相愛の効果![→251話]

まず最初にチェックしたいのは以下のカット。

今回は乙骨の能力がしっかりと説明されるに至った。

乙骨の術式である真贋相愛は、模倣してストックしている術式の中からひとつを必中の術式として結界に付与するというもの。

さらに、それ以外の術式も結界内の刀にランダムに宿っていて、乙骨だけがそれを使えるのだそうだ。

いやーさすが特級術師。凄まじい領域だね!


呪術廻戦250話より引用 いやーさすが特級術師。凄まじい領域だね

また、今回はジリジリと宿難を追い詰めているようにも見えた感じ。

以下のカットでは宿難が「虎杖の攻撃を受けるたびに呪力出力が下がる」と分析している。

これはデバフ的な感じで宿難の能力上限にダメージを与えてる感じだね、すごい!


呪術廻戦250話より引用 宿難の能力上限にダメージを与えてる感じだね、すごい!

五条先生が倒れたいま、消耗している宿難をしとめるタイミングは二度とやってこなさそう。

その中で考えられる現在最強&ラストメンバーがこの2人だとバトワンは思う。

ここから仕留めるまでどのように持っていくのか…楽しみに見ていきたいよね!

【スポンサーリンク】

乙骨の反撃が好調!

なお今回のラストでは以下、宿難の術式を模倣して反撃。

とにかく乙骨の反撃が好調となる展開だったと思う。

対して宿難のほうも懸命に分析して追いついてはいたものの、やはり後手を取っていた感は否めない。

これだけ多くの術式を使いこなされてしまったら、さすがの宿難も立ち回りに手を焼いてしまう…ってことがわかったね!

たしかに宿難は最強だけど、以前みたいに「手が届かないほど強い」って感じではなくなってきた感じかな?

「頑張っても厳しいけど、なんとなく戦える雰囲気は出来てきた」みたいに思う!


呪術廻戦250話より引用 頑張っても厳しいけど、なんとなく戦える雰囲気は出来てきた!

五条先生がやられたときはどうなることかと思ったけど、どうやら少しづつ反撃の狼煙が上がってきた感じがするね!

また、宿難のほうも少しづつ余裕がなくなってきているように感じる部分も少しだけあるのかも。

上記のカットとかも少しイラっとしているように見えるしね!

いずれにしても白熱してきた呪術廻戦。

来週の251話も楽しみにしていきたい!!

【スポンサーリンク】