【火ノ丸相撲】232話ネタバレ確定感想&考察、鬼丸が百乃花に勝利![→233話]

日に日にヒートアップしまくってきている火ノ丸相撲。

今回はそんな火ノ丸相撲232話を読んでのバトワンなりの感想&考察を示していきたいと思うよ!

童子切の記者会見もいい感じだったし、面白い展開が続いてきたと思う!!

【スポンサーリンク】

232話ネタバレ確定感想&考察、鬼丸が百乃花に勝利!

今回の232話の前半は、主に童子切による記者会見。

童子切は今場所の残りは欠場することになったようだ。

しかし彼としてはまだまだ今場所に楽しみを残しているようで、優勝を目指す力士たちにエールを送ることに!もう、粋だなぁ!!


火ノ丸相撲232話より引用 記者会見に望む童子切

また今回の記者会見では以下、刃皇についても語った感じ。

童子切は「刃皇にはまだ引退しないでほしい」…という思いが強く、そのことも伝えたかったみたいだ。

強さだけでは横綱と呼びにくいぶぶんもあるけれども、品格だけでは横綱にはなれない。

そういった意味で、刃皇は童子切にとってのひとつの目標なんだと思う。熱い!!


火ノ丸相撲232話より引用 大相撲のこれからを語る童子切

上記のカットとかは、童子切の立場煮立ってみるとその熱さが伝わってくると思う。

合理的なタイプであれば、ライバルは1人でも少ないほうが良いに決まってる。

横綱が退いてくれれば自分が飛躍しやすくなるのは間違いないのに、それでもこの言葉を残せる強さ!

相撲は心のスポーツっていうけど、童子切の心はまさに侍ダマシイだね〜!

【スポンサーリンク】

百乃花vs鬼丸の戦い!

作中後半では百乃花vs鬼丸の戦いも描かれることに。

前回も火の玉のように突っ込んでいく鬼丸の格好良さが描かれたけど、今回も正面突破。かっこいい!!

百乃花は自分からして格上のはずだけどね、物怖じしない魂の強さが垣間見える!!


火ノ丸相撲232話より引用 百乃花に突っ込んでいく鬼丸!

百乃花は刃皇に土を付けたこともある名横綱。

威圧感としても相当だったけど、ここは鬼丸が戦いを制する形となった。

一番一番がすっごいアツいのもまた、火ノ丸相撲の面白みのひとつだといえるだろう!

そしてラストは以下のカット、大包平が黒い闘志を爆発させる!!


火ノ丸相撲232話より引用 大包平と鬼丸の決戦が迫る!

大包平はずっと“二番手”と呼ばれるコンプレックスを担ってきた男。

今回は優勝に近い位置にいるだけあって、負けられない戦いが続く感じだね!

追われる者のプレッシャーっていうのは強烈なものがあるから、それをどう克服しつつ勝利を繋いでいくか。

次回は鬼丸との一番になるので、激戦必至って感じだね!火ノ丸相撲から目が離せない!!

【スポンサーリンク】