【火ノ丸相撲】238話ネタバレ確定感想&考察、三日月に勝利![→239話]

鬼丸vs三日月の取り組みが開幕した火ノ丸相撲238話。

今回は以下、本編を読んでのバトワンなりの感想&考察を示していきたいと思うよ!

三日月は案の定勝てなかったね〜、残念!

【スポンサーリンク】

238話ネタバレ確定感想&考察、三日月に勝利![→239話]

三日月との戦いが盛り上がる238話。

これまで一度も鬼丸に勝ったことがない三日月と、鬼丸の取っ組み合いが白熱して良い感じだった!

前回のラストでは火ノ丸が「波瀾万丈の相」を発揮して、すごい威風を見せつけてた感じだったし、今回はその成果がしっかりと描かれることになったように思う!


火ノ丸相撲238話より引用 「波瀾万丈の相」にて、威風を見せつける鬼丸!

対して三日月も三日月で「無感の運び足・月歩」などを発動して、よく戦った。

しかし今回の238話に限定しては、やはり鬼丸のほうが優勢となってしまったね〜。

どの漫画でもそうだけど、特攻型とカウンター型では特攻型のほうが強くなりがち!


火ノ丸相撲238話より引用 特攻型とカウンター型では特攻型のほうが強くなりがち!

で、今回の取り組は以下「腕取り・百千夜叉落とし」にて決着。

鬼丸にとって大きな勝利となった!

【スポンサーリンク】

次は部長との戦い!

で、そんな238話を経て勝利を掴んだ鬼丸。

この取組で勝ったことは、彼が横綱を目指していくのに素晴らしいステップになったはずだ!

で、次回の相手は以下の小関(部長)、太郎太刀。

すっかり力士の、引き締まった顔になったね〜!


火ノ丸相撲238話より引用 小関(部長)の格好良さが際立つ!

そして千秋楽の相手はかつての部長、太郎太刀との戦い。これはかなり胸が熱くなるところだよね!

相手が部長だったらもしや…と思うろころはあるかもしれないけど、彼はかつて鬼丸に土をつけたこともある実力者。

そして鬼丸の強さもよく知っている相手だから、おそらく最も油断なく挑んでくる相手だろう。

しかもそれを“前提”として徹底的に鍛錬をして、しっかりと対策を練ってきているはずだ。

これらの点を踏まえると、三日月以上にヤバい強敵となって立ちふさがってくることは間違いない!

最後の最後を彩る激しい戦い、鬼丸vs太郎太刀。

鬼丸が目指す栄光の道にの最後に立ちふさがる千秋楽の門番、太郎太刀がどのような相撲で対抗してくるのか。

彼の新なる実力が明かされてくるであろう、次回の239話を楽しみにしていきたいところだ!

今週も盛り上がりに盛り上がった火ノ丸相撲だけど、早くも次回の240話が楽しみな気持ちを抑えきれない!

【スポンサーリンク】