【銀魂】第691話「まっしろ」ネタバレ確定感想&考察![→692話]

ここ最近はギャグ展開が主体だった銀魂だけど、今回はややポエム寄りの回になったね!

ということで以下、691話を読んでのバトワンなりの感想&考察を記していきたいと思うよ!

シナリオもあまり進まなかったこともあって感想の内容も薄いのでスルー推奨で〜!

【スポンサーリンク】

第691話「まっしろ」ネタバレ確定感想&考察![→692話]

今回の691話は基本的に銀さん・高杉・桂の3人のちょっと不思議な友情的なアレについての回。

このやり取りに関してはこれまでさんざんやってきている感じだから、真新しいものはなかったかな?

とはいえずっと総理大臣として活躍していた桂が本編に絡んで来始めたのは、大きな一歩かも!


銀魂691話より引用 本編に絡んで来始めたのは、大きな一歩かも!

ここ最近はずっとギャグ回で引っ張ってきた感じがあったので、桂が話に加わっただけで大いなる前進のように感じる部分も。

ギャグ回はギャグ回で面白いんだけど、シナリオ派のバトワンとしてはずーっと同じところでギャグ回がループしていると退屈に感じることも多かったから、これはこれで嬉しい流れだったかな!

以降、桂の活躍を楽しみにしていきたい!

【スポンサーリンク】

銀さん・高杉・桂の3人はずっと「いつもバラバラ」という点で一貫していた!

しかしともあれ、今回の691話では以下のカットが印象的だったかも。

銀さん・高杉・桂の3人はずっと「いつもバラバラ」という点で一貫していたわけだね!

これは彼らの関係性を示す面白い表現で、ある意味「いつも犬猿の仲」という形で安定している…ってことでもあると思うんだ。

喧嘩するほど仲が良いなんていうしね、3人はまさにそういう関係だったりするのかも!


銀魂691話より引用 銀さん・高杉・桂の3人はずっと「いつもバラバラ」という点で一貫していた!

上記のカットでは銀さんの取っている立場がとても微妙でなんとも言えない感じ。

2人の出来なかったことをやれるように…といった点で、独特の立ち位置を保っている雰囲気が格好良かったかな!

で、今回の691話は以下のカットでフィニッシュ!

銀さんが2人のことを遠く信頼していることがよくわかる!


銀魂691話より引用 2人のことを遠く信頼していることがよくわかるシーン!

表面上はいつもドタバタ&犬猿の仲だったりする3人だけども、深いところでは信頼関係が出来上がっている。

いや、こんだけ喧嘩を繰り返してもいれば、そりゃ互いの考えもわかるようになる…といったところだろうか!

今回は基本的にストーリーはほぼ進まなかったけど、3人の人間関係の良さがよく表れている1話になったといえるのかもしれないね!

【スポンサーリンク】