【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)とくいな、かなたの3人の役割!

144話で存在感を発揮した産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)。

今回は彼を中心に、その妹であるくいな・かなたなども絡めつつバトワンなりの感想・考察を話していきたいと思うよ!

彼らは早くも鬼殺隊を動かす司令塔として機能してきてる感じだね!

【スポンサーリンク】

【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)とくいな、かなたの3人の役割!

輝利哉(きりや)は年齢が8才なのにも関わらず、産屋敷家を任された耀哉の嫡子。

愈史郎がバラ巻いた“眼”を使って戦局をコントロールしている感じだね!

どこを見つめているのかわからない瞳が、ミステリアスな雰囲気を醸し出している!


鬼滅の刃144話より引用 鬼殺隊を動かす司令塔として機能してきてる!

また、後ろに付き従うくいなとかなたもかなり不思議な雰囲気。

会話も必要最低限、かつ非常に合理的な喋り方(質問にはい・いいえだけで答えるなど)をしていて、年齢にそぐわないほどの知性を感じさせる部分があった!

この3人はこれからの対鬼舞辻戦における最大の要(かなめ)になってくることだろうね〜!

鬼殺隊を上手に誘導し、勝利を掴む切り札として活躍してほしい!

【スポンサーリンク】

短時間で屋敷の見取り図を作り上げる!

以下のカットは彼ら3人が、愈史郎から借りた“眼”を使って戦局をリードしていく場面。

短時間で屋敷の見取り図を作り上げる点など、非常に効率的な手際で仕事をこなしている感じが凄いね〜!

ぐねぐねとうねる屋敷をここまで短時間で完璧に把握するのはとても大変だっただろうに…!!


鬼滅の刃144話より引用 愈史郎から借りた目を使って戦局をリードしていく!

現時点で判明している戦闘状況は以下の通り。

輝利哉が誰をどこに向かわせようとするのかが、とても重要なポイントとなってくるだろう!

  • 珠世vs鬼舞辻
  • カナヲvs童磨
  • 善逸vs獪岳

現在フリーに動けるのは「富岡&善逸組」「伊黒&甘露寺組」「悲鳴嶼&時透組」の3チームに加え、不死川実弥・伊之助・玄弥あたりがどこかで動いている…といった感じだろうか?

現在もっともヤバいの珠世さんかカナヲちゃんのところだと思うけど…うーん!

個人的にはカナヲさんが最も危険な気がするから、輝利哉・くいな・かなたの3人が彼女の元に誰かを差し向けてくれるのを期待したいところだけど…。

いや、ただ産屋敷耀哉の息子ってこともあるし「カナヲさんは見捨てて鬼舞辻を倒すべき」と判断する可能性も…。

鬼舞辻を倒せば全部の鬼を潰せるってことだし、この情報が共有されていたとしたら、カナヲさんがかなり危険!!

これから先の展開の中で、輝利哉(きりや)がどう判断していくのか注目が集まる!

【スポンサーリンク】