【鬼滅の刃】黒血枳棘(こっけつききょく)vs岩軀の膚(がんくのはだえ)最強の衝突!

これまでで最強クラスの衝突だったと考えられる黒血枳棘(こっけつききょく)vs岩軀の膚(がんくのはだえ)。

今回はこの2つの技についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

鬼舞辻の使用した黒血枳棘も、悲鳴嶼さんの使用した岩軀の膚も、それぞれに個性的で良い技だった!

【スポンサーリンク】

黒血枳棘(こっけつききょく)vs岩軀の膚(がんくのはだえ)最強の衝突!

まずは鬼舞辻の使用した黒血枳棘について触れていこう。

この技は有刺鉄線のようなトゲトゲを発生させて、相手を攻撃したり捕縛したりする技っぽい感じ。

以下のカットでもそうだけど、鬼舞辻の腕の皮膚から鉄線が生じているので、自らの血を変換している…ってことで間違いなさそうだ!


ワンピース鬼滅の刃139話より引用 鬼舞辻によって使用された黒血枳棘!

黒血枳棘そのものはそこまで強烈なダメージを与えられるような技には見えないけど、いかんせん数が多く範囲が広いのが嫌らしい特徴。

これは普通に立ち向かったら回避するのが難しいんじゃないかなー?

ちなみにこの技なんだけど、悲鳴嶼さんの武器が巨大鉄球(鎖鎌?)であることを見て、意図的に選ばれたもののような気がするかも。

悲鳴嶼さんの武器は鎖がジャラジャラしてるから、有刺鉄線の黒血枳棘であれば、かなり絡め取りやすそうな雰囲気がある!

【スポンサーリンク】

悲鳴嶼さんの力技の反撃!

そんな鬼舞辻の黒血枳棘に対してばっちりのタイミングで合わせられたのが、以下の岩軀の膚。

これはどういう技なのか以下のカットだけではわかりにくいけど、鉄球を振り回して黒血枳棘をブチ切りまくっている感じだよね!

攻防一体の力技…という印象で、悲鳴嶼さんのパワフルっぷりがよく表された一撃だと感じた!

鬼舞辻としては、黒血枳棘が全く通じなかったことは心外だったんじゃないかな?


鬼滅の刃139話より引用 悲鳴嶼さんの力技の反撃、岩軀の膚!!

何はともあれ鬼舞辻vs悲鳴嶼さんの衝突は、これまで続いてきた鬼滅ワールドの中で屈指の好カードだったといえるだろう。

「首を切っても死なない」という絶望感はすごいけど、悲鳴嶼さんの攻撃であれば鬼舞辻の身体を破壊できる。

以降の戦いは「岩柱・蛇柱・霞柱・恋柱・蟲柱・風柱・水柱・炭治郎・珠世さん」の9人で鬼舞辻に対抗していく切迫した戦闘のフェイズ。

バトルとしてはかなり大きな山場のひとつになってくると思うので、その辺りも踏まえつつ以降の展開を楽しみにしていきたいところだね!!

【スポンサーリンク】