【龍の実力】カイドウの本気が少しづつ見えてきた件!

タイマン最強ともいわれる男、百獣のカイドウ。

今回は彼の本気が見え始めた件について触れていこう。

余裕たっぷりの雰囲気はいつしか失われ、今ではわりと本気を出している感じがするよね!

【スポンサーリンク】

カイドウの本気が少しづつ見えてきた件!

いま描かれているカイドウの実力が本気に近づいてきているというのは、以下のカットがひとつの目安。

ここでは明らかに彼の表情から余裕の色が消えていることがわかるよね。

これはルフィのことを一定のレベルで認め始めたことを示しているといえるだろう!

また、このとき語られた「窮地ほど笑い、笑うほどに強くなる」というワンフレーズ。

これもまたカイドウが少しづつ警戒を強め始めていることを示しているに違いない!


ワンピース1011話より引用 カイドウが少しづつ警戒を強め始めていることを示しているに違いない!

この言葉を掘り下げていくと、カイドウはルフィを誰かに重ねているかのよう。

おそらくはロジャーかシャンクスあたりと絡めて、ルフィの強さを評価しているのではないだろうか!

すでにルフィは、カイドウが簡単に蹴散らす事ができるレベルではないといえるだろう!

逆をいうと、それほどまでに強くなったルフィの実力が、カイドウの真の力を引き出そうとしているともいえる!

【スポンサーリンク】

遠距離版の雷鳴八卦!

またカイドウは以下、遠距離版の雷鳴八卦を持っていることがわかっている。

基本的に彼の攻撃は金棒を使った近距離攻撃が多いわけど、この時の雷鳴八卦はかなりの遠距離まで攻撃が届いている模様。

この遠距離砲が覇王色によるものなのかシンプルに豪腕によるものなのかはまだ判別できないけれども、破壊力的には第一線のものであることは間違いない。

武装色を持っていないキャラクターだったら、この一撃で勝負ありになってしまう可能性も低くないだろうね!


ワンピース1011話より引用 遠距離版の雷鳴八卦!

いずれにしても、ここ最近になってカイドウは今まで見せなかった表情を見せたり、今まで使わなかった技を使ったり、動きに変化が出てきている。

追い詰められてる…というほどの段階ではまだないと思うけど、戦いのボルテージは確実に上がってきている感じがするよね!

しかしまだ現時点では「どうやって倒せばいいかわからない」というほど圧倒的なポテンシャルは発揮されてない感じ。

このことを踏まえると、もしかしたら普通のゾオン系と違ってあとひとつ変身を残していたり、カイドウ特有の特別な何かを隠しているのかもしれないよね!

戦いに比例して引き出されているタイマン最強の真の実力。

以降のワンピースはがぜん、その隠されたパワーに注目が集まってくるに違いない!!

【スポンサーリンク】