【APOLLO】読み切り「アポロ」感想&考察、1秒で魅了されたと思ったらやっぱ面白かった!

ええええええ?読み切りなんコレ?!

今回の読み切り「アポロ」は続きがめっちゃ読みたい!早く連載してくれー!なんて叫びたくなる作品だった!

いや、ちょい前の「仄見える少年」「BE MADE」も両方めっちゃ面白かったけど、アポロもヤバい!!

センターカラーから1秒で魅了されてしまったー!

【スポンサーリンク】

読み切り「アポロ」感想&考察、1秒で魅了されたと思ったらやっぱ面白かった!

この作品に関してはいくつかスゴイと感じる部分があったので、順に触れていきたいと思う。

まずバトワンが最初に引き込まれたのは以下のセンターカラー。

この時点ですでにめっちゃ雰囲気あるし、絶対面白いんだろうな〜と思わせる何かを感じる!

バトワンは絵がそこまで上手くないので言語化しにくいんだけど、なんかあんま見ない感じの絵だよね?オーラを感じる!


読み切り「アポロ」より引用 センターカラーですでに魅了されてしまった!

バトワンしては上記のセンターカラーを見た時点で「おっ!面白そう!」と思わせるパワーを感じました!

で、次にすごいなと思ったのが以下のやりとり!

なんかこの作品のキャラの台詞回しって、今のところ「探偵映画の中のハードボイルドさ」みたいな雰囲気を感じるんだよね。どうかな?


読み切り「アポロ」より引用 探偵映画の中のハードボイルドさみたいな要素を感じる!

「人の善意につけこむような考え方が気に入らない」という言葉に対し、微動だにせず「良い心がけだね、魂の思うままにしたほうがいいよ」と答えるシーン。

技が格好いい、外見が格好いい…みたいな主人公はいくらでもいるけど、本作の主人公アポロ・ポルターは、すでに人物像に魅力があると思う!

外見より内面が重視される、現代漫画に適した主人公像のような気がしたかな!

【スポンサーリンク】

ゴーストバスターという世界観!

で、3点めにピックアップしたいのがゴーストバスターという世界観。

悪魔祓い&エクソシストみたいなアレは、バトル漫画の典型的な題材のひとつでは在るんだけど、それがしっかりオリジナリティを交えて昇華されている点注目したい!

また「魂を鍛える」という概念も斬新で、連載になればいくらでも幅広く広げていけそうな予感がする。(魂の柔軟さを上げる…など)

独特のイラスト、人物像に支えられた強烈な世界観は、それだけでかなりのオリジナリティを持っていると感じたかな!


読み切り「アポロ」より引用 独特のイラスト、人物像に支えられた強烈な世界観!

で、ラストの大技はわりとオーソドックスだけど大迫力。

武器もstrong>“独特な笛っぽいアレ”をうまく活用して戦っている辺り、ここにもオリジナリティを織り込むように配慮してくれてるのを感じるところだね!

今の漫画ファンは子供から大人まで幅広いうえに、動画配信サービスとかでいろんなアニメをいつでも見れたりもする時代。

誰しもがマンガやアニメに詳しくなってしまった現代において「新しいもの」を生み出してくれると、やはりファンを逃しにくかったりすると思うし、とても良いことだと思う!


読み切り「アポロ」より引用 オーソドックスだけど大迫力なキメ技!

今回は47Pの読み切りだったからアレだけど、今回の作品を読んで「きっとまだまだ練り込まれた設定が色々あるんだろうな〜」なんて思ってしまったAPPOLOという作品。

もし連載開始したらきっと応援しちゃうな〜!

ただ、将来性がかなり高そうなぶん、少し連載開始は遅れる可能性もある(尾田先生もそうだったっぽいし)かも。

いつかこの作品・作家さんがジャンプの看板のひとつになってくれることを信じて、いつかくるその日を楽しみにしたいと思う!!

【スポンサーリンク】