【三国無双】大喬(だいきょう)の強さと人物像考察![OROCHI]

孫呉の萌えキャラ姉妹“江東の二喬”のうちの姉、大喬。

今回はそんな大喬について考察し理解を深めてていきたい!

孫呉を選択する場合、絶対1回は使いたくなるキャラだ!

【スポンサーリンク】

大喬(だいきょう)の強さと人物像考察!

ツヤツヤの黒髪ロングが魅力的な彼女の武器は“扇”だ!

扇を持って戦場を駆け巡るすがたはまさに百花繚乱って感じ!

大喬の外見は以下の様な感じだ!

%e5%a4%a7%e5%96%ac
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 大喬(だいきょう)の外見はこんな感じ!

幼い感じはするのに、大人っぽさも同時に併せ持っている不思議な感じ。

KOEIは毎回キャラデザインが秀逸だけど、大喬に関しては特にそのセンスの高さを感じてしまう!

ちなみに彼女は妹である小喬と共に、孫策・周瑜に誘拐され、そのまま妻として迎えられる…というロマンチックな略奪愛の経験者だ。

現代で同じことやったら完全に単なる犯罪者だけど、当時の時代背景だったらそういうのもアリだったのかな?

女性的には結構ときめくシチュエーションだったりするのかもね!

ただ、大喬・小喬を攫った兄弟が孫策・周瑜だからロマンチックってことでまとまったってのはあると思う。

これが仮に典韋・許褚による誘拐だったらあらゆるファンが大激怒したに違いない!

【スポンサーリンク】

三国志における大喬

現代の三国志ゲームとかは、おもに“三国志演義”をベースにしている感じだから、脚色されているところが多いと思う。

大喬・小喬と孫策・周瑜に関するラブロマンスもまた、そういった脚色が強かったんじゃないかな?

当時は黄巾の乱が終わって、董卓の横暴時代が終わって…みたいな感じで、めっちゃ殺伐としていた時代。

戦が起こるのも当たり前…って感じで誰しもが心得ないといけない時代だったと思うんだ。

大喬・小喬に関しても同様に、乱世を生きる女性として、ある程度の覚悟を決めて生きていたのかもしれない。

当時の女性の気持ちを思うと、なんだか胸が痛くなってしまうところだね!

三国志の物語の中では呂布・貂嬋のラブロマンスも有名だけど、どっちかというと大喬たちの恋愛のほうがいかにも“青春”って感じがして、バトワン的にはすきかもしれない!

ちなみに夫の孫策が暗殺によって死んでしまったのは大喬を妻に迎えてからわずか4ヶ月後のこと。

それから先、彼女は袁術・劉勲の妻子らと共に呉へ送致されたとのことだけど、その後の消息は一切不明となっているようだ。

現代に伝えられるほどの美女だった彼女だけど、その最期は“消息不明”で終わっているのは少し意外。

彼女は無事に乱世を生き延び、天寿を全うすることができたんだろうか。

【スポンサーリンク】