【アンパンマン】ジャムおじさんについてのガチ考、この人一体どんな人?

アンパンマンの顔を焼いてくれる優しいパン職人、ジャムおじさん。

ジャムおじさんについて、おとなになった今ガチ考してみます。

まずはジャムおじさんのデータを振り返るところから。

【スポンサーリンク】

ジャムおじさんについてのガチ考、この人一体どんな人?

まず、前提として知っておきたいのはジャムおじさんは人間ではない、ということ。

ジャムおじさんは人間ではなくて、妖精なんだそうです。

また同様にバタコさんも妖精なんだとか。

これは意外にみんな知らない事実なんじゃないでしょうか。

変幻自在のジャムおじさん

ジャムおじさんに関しては、様々な状態に変身させられています。

あくまで誰かの攻撃をうけてこの状態になっているわけで、好き好んでなっているわけじゃないと思いますけど、意外に多彩なバリエーションがあるようです。

まぁ、なんだか陽気で可愛らしいですよね。

こういうポジティブなおじさん、近所に一人くらいいるんじゃないでしょうか。

【スポンサーリンク】

ジャムおじさんとアンパンマンの関係

「美味しくな〜れ…美味しくな〜れ…」とまごころを込めてパンを焼いていたところ、星のような感じでアンパンマンの魂(?)が飛来し、ジャムおじさんのパンを焼いているかまどに落下しました。

それ以来アンパンマンとはとてもなかよしで、親子のような関係を築いています。

アンパンマンの項で触れましたが、第一話ではバイキンマンをみんなでよってたかって笑いものにするなど、人間らしい(?)一面をみせるところもありました。

しかし、上記の設定を見る限り、ジャムおじさんは妖精。

よってたかってバイキンマンを洗濯し、笑いものにしたように見えますけど、それもバイキンマンに対する愛情が含まれているのかもしれませんね。

あるいは、私達現代社会の日本人が過敏になっているだけであって、アンパンマンワールドではこれくらいのおしおきは当たり前、という価値観なのかも。

ジャムおじさんは妖精ですが、よくも悪くも(?)人間らしい面を多々持っているのでした。

【スポンサーリンク】

【アンパンマン】キャラクターの一覧表!人気があったら更新します。