【ワンピース】初期クリマタクト3つの効果・特性、熱気・冷気・電気の泡の発生!

ミス・ダブルフィンガー戦でデビューを飾った天候棒(クリマタクト)。

今回はそんな“初期クリマタクト”の効果について考察し、バトワンなりに理解を深めていけたらと思うよ!

1つ1つは微妙でも、組み合わせたら意外な効果を発揮する点に注目したい!

【スポンサーリンク】

初期クリマタクト3つの効果・特性、熱気・冷気・電気の泡の発生!

戦闘におけるクリマタクト。

以下のカットではナミがいざ本領を発揮する!といった場面だ!

ここからクリマタクトの特性がジワジワと解説されることになる!


ワンピース21巻より引用 クリマタクトをかざすナミ!

基本的には強気な女性だからね、ナミは。

気合十分でクリマタクトをかざし、ミス・ダブルフィンガーに挑んだ感じだ!

そして最初に発生させた効果は…?


ワンピース21巻より引用 熱気泡(ヒートボール)の効果!

ナミが最初に発生させたのはこの“熱気泡(ヒートボール)”だった!

効果的には「むわっとする」んだそう。

ミス・ダブルフィンガーのリアクションが可愛い!

トゲトゲドーピングをした時の様子は怖いけど、やっぱバロックワークスのセクシー担当は揺るがないね!

てか、なんだこの効果!

【スポンサーリンク】

続く2つの効果・効能!

そして、続く“冷気泡(クールボール)”の効果は以下のような感じ。

ミス・ダブルフィンガーいわく「ひんやりする」んだそうだ。

蒸し暑い夏場とかにはもってこいだね…ってオイオイ!


ワンピース21巻より引用 冷気泡(クールボール)の効果はこんな感じ!

ヒートボールに続いてクールボールも“なんともいえない効果”を発揮してみせた!

この時点で読者的には「大丈夫か?」って感じになったのは否めないよね!

そして最後にはなった3つめの効果が以下“電気泡(サンダーボール)”だ!


ワンピース21巻より引用 電気泡(サンダーボール)の効果はこんな感じ!

最後に放たれた電気泡(サンダーボール)は、体感で「チクッとする」という感じ!

どれもこれも初見では“アレな効果”って感じがするけどね、結果的にナミはこれを使いこなして戦えるようになるんだから大したものだ!

ちなみにミス・ダブルフィンガーはどんな気持ちでこの3連泡を食らっていたんだろう…。

正直、彼女の立場に立ってこの場を俯瞰してみたら「宴会芸に付き合ってる感」みたいな感覚に陥ってしまいそうな気がしてならない!

とはいえこれら一連の流れが彼女の油断を誘い、トルネードテンポなどの大技に繋がったのもまた事実。

この辺りはこの武器を設計したウソップの発想力とナミの使いこなしっぷりを高く評価したいところだ!

【スポンサーリンク】