【進撃の巨人】ベルトルト・フーバーの強さと人物像、超大型巨人への変貌について!

ライナー・ベルトルト・アニの3人組の中で、最も弱腰な印象のあるベルトルト・フーバー。

しかしその正体は、超大型巨人へ変貌することができる巨人化能力の保有者だ!

今回はそんなベルトルトについて、バトワンなりに考察し掘り下げていく!

【スポンサーリンク】

ベルトルト・フーバーの強さと人物像、超大型巨人への変貌について!

104期の訓練兵団を3位で卒業した実力者。

その成績からもわかるとおり、身体能力は非常に優秀であり、兵士としても相当に優秀なことが判明している。

しかしその性格は受け身で弱腰、よく言えば“最悪の事態を想定できる”って感じなんだろうけど…。

IMG_8360
進撃の巨人INSIDE抗より引用 ベルトルト・フーバーの外見はこんな感じ!

「僕には自分の意思がない」などと発言することもあり、ネガティブとはまた違う無気力感が漂っているところがある。

また、わりと熱血系のライナーとは同郷の幼なじみでもあり、相性は良いように見受けられる。

何かあった時はライナーが引っ張ってあげる…みたいな感じだろうか?

ここぞという時の判断力などは、どうみてもライナーのほうが数段上って感じがするし、優秀なわりに弱気な性格が兵士としては気にかかるところだ!

【スポンサーリンク】

超大型巨人の正体!

超大型巨人はその身長がなんと60メートルを超える超巨体を持っている!

通常の巨人が大きくても15メートル級であることを考え合わせると、その体躯は丁度4倍以上に達しているわけで、これが脅威にならないわけがない!

かつてウォール・マリアのシガンシナ区の外門に現れ、開閉扉を蹴りによって破壊。

人々の安寧を突如として脅かした!

IMG_8370
進撃の巨人INSIDE抗より引用 超大型巨人の外見はこんな感じ!

進撃の巨人といえばやはりこの“超大型巨人”なわけだけど、その正体はベルトルト・フーバーが巨人化した姿。

どちらかというとリーダー気質を持っているライナーと比較して、彼が超大型巨人として物語の象徴となっているということは…。

もしかしたらこれからの展開次第では、ライナーもアニ同様“戦線離脱”してしまうのかもしれない!

このあたりの背後関係がどう動いてくるかは不明だけど、興味深く見守りたいところだ!

蒸気を噴出!

他の巨人とは違い皮膚がむき出しになっていることもあってか、常に蒸気を発している。

壁の破壊などに関しては持ち前のパワーを活かして立ちまわることができるものの、対人戦にはあまり向いていないようだ。

危機を察知した場合は高熱の蒸気を激しく噴出させた後、人間の姿に戻ることで姿をくらます…といったテクニカルな立ち回りができることは、超大型巨人の大きな特徴といえるかもしれない!

威圧感・存在感共に最強クラスの超大型巨人。

その正体であるベルトルト・フーバーはきっと物語の核心に迫るキャラクターであるに違いないことだろう!

【スポンサーリンク】