【ワンピース】カメマムシの甲羅がダイヤモンド?ペコムズとカメカメの実について。

822話で確定したペコムズの能力、カメカメの実。

まぁこれは以前からわかってたんだけど、少し気になるカットがあったので追求してみようと思うよ。

ペコムズは戦獣民族ミンク族+ゾオン系で、しかも武装色の覇気も使えるからかなり肉弾戦に強いことは間違いないとは思うんだけど…。

【スポンサーリンク】

カメマムシの甲羅がダイヤモンド?ペコムズとカメカメの実について。

「甲羅がダイヤモンドの硬度」って部分をかなり強調しているペコマムシ。

武装色の覇気で鉄を超える硬度を得ることが出来るのは判明しているけど、ダイヤモンドの硬度っていうのはすごいよね!

カメマムシ822
ワンピース822話より引用 ダ イ ヤ モ ン ド を超強調するペコマムシ

正直、ここで言う“ダイヤモンドの硬度”というのはペコムズの武装色の覇気を掛けあわせたものと考えるのが、最もナチュラルな解釈だと思う。

しかしこのカットってなかなかロマンのあるカットだと思うんだよね。

誰かが言い始めると思うので先に言っておこうとおもうんだけど、ダイヤモンドといえばこの人だよね?

57ジョズ
ワンピース57巻より引用 ダイヤモンドといえばダイヤモンド・ジョズだよね!

さすがにこの2人は関係がないと思うんだけど、それでもつい関係を追ってみたくなる。

もし落とし前戦争でジョズから奪われたイシイシの実モデル“ダイヤモンド”がペコムズに渡っていたとしたら燃えるもんね。

この2人は全く関係なし!という前提のもと、関連性を求めてみよう。

たまにはこういった考察も面白いかもしれない。

黒ひげ海賊団は能力者狩りをしてる

まぁこれは既に有名だよね、黒ひげの能力者狩り。

66能力者狩り
ワンピース66巻より引用 黒ひげは能力者狩りをしている

黒ひげは悪魔の実の能力者狩りをしているわけなんだけど、その理由は何なんだろう?

黒ひげ海賊団の船長は10人の巨漢船長ってことだから、やっぱり部下に奪った悪魔の実を食わせているんだろうか?

だとしたら相当協力な組織になっているような気がするけど、モノによっては“取引に使っている”という可能性もあるかもしれないね。

白ひげ海賊団のナワバリを熟知していた黒ひげが、落とし前戦争にてダイヤモンド・ジョズから悪魔の実を奪い、ビッグマムに売り渡した。

そういうシナリオなら、一応ペコムズのところに悪魔の実が“渡っても”おかしくない。

でも、これだけだと「悪魔の実を同時に2つ食べたら死ぬ」というルールが解消できないんだよね。

そこで無理やり解消してみよう!

【スポンサーリンク】

「悪魔の実を同時に2つ食べたら死ぬ」というルールの解決策は?

悪魔の実を同時に2つ食べたら死ぬ、というルールの解決策はないだろうか?

色々読み返して探してみたんだけど、マルコもこんなこと言っちゃってたりするしなぁ。

異形黒ひげ61
ワンピース61巻より引用 マルコは“絶対に”という言葉を使って、悪魔の実の複数持ちを否定した

最初は「実は悪魔の実を2つ食べたら死ぬ」というのは、単なる言い伝えに過ぎない…というのも考えてみたんだよね。

「ディーに食われちまうぞ」とか「クラバウターマン」とか、そういう類の言い伝えの一種。

でも、上記のマルコを見る限り、まるで“悪魔の実を2つ食べた人間がどうなるか、実際に見たことがある”かのような口ぶりなんだよね。

実際に見たことが無かったとしても、それが理論的に証明されてるとか…そういう情報を握っていそうな感じ。

でないと、“悪魔の実”なんていう謎の多いアイテムに「絶対に」などといった言葉を使えないような気がするんだよね。

だから、ダイヤモンド・ペコムズをこじつけたいならば、“ペコムズの身体の構造も異形”と考えるしかなくなってくるような気がするよね。

さすがにペコムズの身体まで異形になってしまったら“異形のバーゲンセール”になってしまいそうな気もするし、可能性としては低い気がする。

だとすれば、こじつけるなら以下のカットくらいになると思うんだ。

ベガパンク初登場45

“ベガパンクが悪魔の実の能力を2つ食べられる方法を開発し、それが四皇ビッグマムに流出した”というシナリオ。

この辺りまで仮定と仮定が重なってくると、かなり絵に描いた餅状態になってしまうので、このあたりで一旦留めておこうと思う。

結論として、ダイヤモンド・ジョズの悪魔の実の能力がペコムズに渡っているというのは「かなり条件が揃わないと無理」ということになるし、現実的じゃないと結論づけたい。

とはいえ、ペコムズの甲羅の硬度は本当に気になるところだよね!

カメカメの実の硬化がダイヤモンド級ならば、ゾロの斬撃も食い止められるのかな?

今後の展開ではきっとペコムズからカポネ・ベッジに対する“報復”も行われるだろうし、ビッグマム編が楽しみだ!

【スポンサーリンク】