【ワンピース】ヨミヨミの実の覚醒は?パラミシアの中でも異質の能力!

ワンピースの中でもトップクラスに謎に包まれているブルックの能力。

ヨミヨミの実の能力は全パラミシアの中でも特に異質といえるでしょう。

今回はヨミヨミの実の能力について考察していきます。

【スポンサーリンク】

ヨミヨミの実の能力

ヨミヨミの実の能力は、一度だけ黄泉の世界から戻ってくる、黄泉返りの能力です。

この能力は事故や病気によって命を落とすようなことがあったとしても、再度生き返る事が出来るわけです。

よって、ガイコツ人間のブルック、といったキャラクターが成立するわけですね!

登場した当初は「もう、既に黄泉返りの能力は使った後だからあまり意味がないのでは?」と考えていましたが、新世界編が始まってから意見が変わりました。

新世界では新しい能力として“魂だけ”肉体から抜け出すといった描写が出てきたからです。

ブルック831
ワンピース831話より引用 ブルックは魂を抜いて色々と偵察できることが確定している!

これによって偵察も容易になりますし、ヨミヨミの実の能力に一気に幅が持たされました。

もしかしたら抜け出した魂を“戦力化”して戦うこと可能になるかもしれませんし、だとしたらなかなか強力ですよね!

そうなってくるとブルックも相当の剣士なわけですから、トリッキーな戦い方に一気に幅が生まれます。

また、黄泉の冷気を扱う剣技も登場し、想像以上のパワーアップであるといえそうです。

ヨミヨミの実の能力だけは異質であるがゆえに、まだ未解明の予想外な使い方が今後出てくるかもしれませんね!

【スポンサーリンク】

ヨミヨミの実、覚醒するとどうなる?

死者蘇生的な?

パラミシアの覚醒の法則によると、ヨミヨミの実が覚醒した場合、周囲の死んだ人間を生き返らせるといった使い方も可能になってきたりするんですかね?

ただし、ガイコツの状態でという制限付きかもしれませんが…。

この能力はカゲカゲの実のゲッコー・モリアの能力と若干重複する印象もあるような気がします。

もし仮に、死んだ人間を生き返らせるということが可能であったとしても、ワンピースの世界のキャラクター達はそれを潔しとしないかもしれません。

なぜなら、頂上戦争編、第563話であった通り「心臓一つ 人間一人」っていうのがそもそも大きなテーマになっている感じですし。

白ひげを含め、大海賊時代の多くの海賊達は、その命に誇りと信念を持って生きています。

なので、ゲッコー・モリアの死者を弄ぶ行為に関しては、あの時代としてはおそらく“外道”と言っても過言ではない問題なのでしょう。

死者をいたずらに増やすシーザー・クラウンのような人物も憎まれて当然ではありますが、死者を弄ぶのもまた問題行為。

ヨミヨミの実の覚醒で死者を蘇らせるのは、おそらくあの世界観ではタブーとなっているのではないでしょうか。

フィールドチェンジ的な?

だとすると他の可能性として考えられるのは、ヨミヨミの実がコントロール出来る範囲の空間を“黄泉”に変えてしまう事とかですかね。

異空間の存在は“ドアドアの実”によって確定しているみたいですし。

黄泉の冷気が存在するというのは、黄泉が存在する事の裏付けと考える事ができますから、黄泉と現世をつなぐ空間を生じさせる事が出来るかもしれません。

そうなった場合、黄泉の世界から何かしらの“人ならぬ者”を召還する、といった動きも起こりうるでしょう。

ヨミヨミの実は不可思議な能力であるが故に覚醒の予想、またはそこから派生する可能性に無限の怪しさを秘めているといえそうですね!

【スポンサーリンク】