【ワンピース】レイジュの感覚麻痺と妊娠・出産要因、または遺伝子操作された母とそのDNA培養について。

これは正直触れるか触れまいか迷った。

っていうのも、これが明確に描かれてしまうと相当にエグいし、正直こんな展開にはなってほしくない。

でも、そのシナリオは確実に“存在していてもおかしくない範疇”だと思うんだ。

このページは“当たらない仮説”と信じて読んでもらいたい!

【スポンサーリンク】

レイジュの感覚麻痺と妊娠・出産要因、または遺伝子操作された母とそのDNA培養について。

まず、この仮説は以下の記事が前提となっているから、これらを踏まえて考えて欲しいんだ。

これらを理解してないと、この記事は正直チンプンカンプンだと思う。

3つもあってごめんね、でもどれもこの記事を読むためにどれも重要なんだ。

毎日バトワンを読みに来てくれてる人は、そのまま飛ばして進んでくれていいと思う。

【ワンピース】解)同族嫌悪と襲名システム、考察ヴィンスモーク一族。

【ワンピース】ジャッジが仮面をつけている理由&レイジュが生み出された理由について。

【ワンピース】血液型・メンデルの法則説を提示しようと思ったらもう出てた件、新たなる根拠から補強していく!

で、これらの記事は全て“ヴィンスモーク一族”にまつわる背後関係を考察したもの。

ここで重要なキーワードは“優秀な遺伝子・劣等な遺伝子・襲名の風習”あたりだと思う。

上記リンクの考察に元づいて現在最も有力な組み合わせは以下。

  • サンジ・劣等な遺伝子・右眉がグルグル・潜在能力で強くなった
  • ジャッジ・劣等な遺伝子・右眉がグルグル・科学力で強くなった

サンジとジャッジの組み合わせが最も重要。

2人は似ている。だからこそ同族嫌悪で相容れない。

このページではそう考えてみよう。

次に1・2・4。

  • イチジ・優秀劣等が半々・外眉がグルグル・両方の特性を兼ね備えてる
  • ニジ・優秀劣等が半々・外眉がグルグル・両方の特性を兼ね備えてる
  • ヨンジ・優秀な遺伝子・左眉がグルグル・生まれながらにガチガチボディ

これが最もリアルなんじゃないかな?

で、まだ触れていないのは“ジャッジの妻”“レイジュ”の2人なんだけど、少なくともこれらの子供が生まれるってことは。

  • 1〜4兄弟の母・優秀な遺伝子・左眉がグルグル・ガチガチボディ

1〜4の母親は、たぶんこんな感じだろう。

過去の記事でも考察したけど、1〜4の母親は遺伝子操作をされたんじゃないか?という仮説を立てている。

◯ 【ワンピース】834話追憶×被験体×デザイナーベビー!ネタバレ確定予想&考察!

元々普通だった母が、遺伝子操作をされ“優秀な遺伝子”に書き換えられた。

ヨンジの描写を見る限り、母親の人体の中にある“カルシウム(Ca)”“鉄分(Fe)”に変換した…とかリアルかな?

その結果、母親は体にダメージが残ってしまい、1〜4を残して他界。

この時の“人体実験”を知っていたから、サンジは“女に暴力を振るわない”のかもしれない。

【スポンサーリンク】

レイジュの染色体・DNAは?

次に、ヴィンスモーク・レイジュについて触れてみよう。

これもご指摘があったんだけど、レイジュは“0・10”の組み合わせ。

1+2+3+4=10となる。

1〜4を全てを足した結果がレイジュ。

逆を言うと“10という数字を4分割すれば1・2・3・4という数字が導き出せる”とも読むことが出来るんじゃないだろうか?

この通りに解釈するのなら“10”という数字は1・2・3・4という数字の“母”であると言い換えることもできる。

だとすれば、レイジュのDNAはもしかしたら“1〜4の母と全く同じもの”って可能性も浮上してくると思うんだよね。

レイジュは1〜4と“同じ日に生まれていない”わけで、これはヴィンスモーク・ジャッジが、何より先に“母親のクローン生成”を優先したってことじゃないだろうか?

もっと言うなら、母親の体内にクローン技術で人工的に生み出した卵子を人工的に受胎させ、先にレイジュを出産させた。

それは“同じ細胞だから成功率が高いこと”“先に母体の予備(スペア)を作って保険をかけておく”という2つの意味があったのかもしれない。

サンジやヨンジの目がハートにならないのも、これが原因かもしれないね。

そう、レイジュは4人の姉でありながらも、母親と同じ遺伝子・DNA(フェロモン的なもの含む)を持っている複製物。

だから、サンジたちはの目はハートにならない。

これらが全て的中しているならば、レイジュのDNAは“母親と全く同じクローン”ということになってしまう!

現在1〜4より年下の子供とか赤ちゃんはいないっぽいから、おそらくレイジュはまだ出産は経験してないっぽいけど、もしかしたら…。

“1〜4の本来の母親”が壊れた時の“予備の母体”として、ヴィンスモーク・ジャッジの子を産むために作られた人工的なクローンって可能性はゼロじゃないんじゃないだろうか?

そうすると、このレイジュの行動も意味が変わってくる気がする。

レイジュ蛾826
ワンピース826話より引用 レイジュはルフィに濃厚なキスをして毒を吸い出した!

この時はセクシーすぎて胸を撃ち抜かれたわけだけど、もしレイジュがこういった背景を背負った人物だったとすれば。

もっと露骨に表現するなら“ヴィンスモーク・ジャッジとの関係を強要され続けている存在”だとしたら。

彼女はもはや、性的な行動に対する抵抗感や感覚は、完全に麻痺してしまっているのかもしれない。

いや、むしろああいったくちづけを行うことで、痛みの記憶を“数いるうちの一人”にカウントしようとしている?

全身が傷だらけならば、大きな傷が目立たない。

それと同じような心の傷(身体も)を抱えていたりしてね。

こういった点を踏まえると、彼女の笑顔の見え方が変わってきてしまうから恐ろしい!

【スポンサーリンク】