【僕のヒーローアカデミア】骨抜柔造(ほねぬきじゅうぞう)の強さと個性“柔化”考察、1−Bの推薦入学者!

外見的にはガイコツのような風貌をしている骨抜だけど、その個性はなかなかに強力だといえる!

具体的な戦闘場面はまだ本編では描かれていないけど、骨抜の強さと個性について考察していこう!

ある意味では切島と対極に位置する個性かもしれない!

【スポンサーリンク】

骨抜柔造の強さと個性“柔化”考察、1−Bの推薦入学者!

見るからに“生ける屍”といった雰囲気が漂う骨抜。

しかし、その外見に似合わず、闘志は相当高いものを秘めているようだ!

雄英体育祭での騎馬戦では、デク達のチームをその変幻自在の個性で捉えようとしていた!

3骨抜
僕のヒーローアカデミア3巻より引用 骨抜柔造の外見はこんな感じ!

彼の個性“柔化”は、相当に希少な個性であると考えられる。

ヒロアカ世界の中には、多種多様な個性の持ち主がいるわけだけど、骨抜はなんとそういったライバルを差し置いて“雄英の推薦入学”を成し遂げているんだよね。

元々雄英高校は合格偏差値が極端に高いわけだから、勉強分野での推薦でないことは明らか。

そう考えると、やはり個性がそれだけ応用が効くレベルに到達しているといえるんだろう!

現在知られている活用方法以外にも、色々な使い道があるかもしれない!

【スポンサーリンク】

個性“柔化”の活用方法!

骨抜の個性“柔化”の効力は、現在のところ雄英体育祭でのみ描かれている。

1位を突き進むデクたちの騎馬の足元を狙い、底なし沼のようにドロドロにしてしまったのだ!

しかし、骨抜の柔化能力は、これだけに留まらないとバトワンは思う!

他に考えられる戦闘方法!

他にも色々な使いみちが考えられる柔化。

もし彼の“柔化”を地面とか障害物ではなく“人に向けて”放ったらどうなるだろうか?

切島や鉄哲のような守備力が高い相手に対しても、その鋼鉄の守備力を無力化することが出来そうよね!

また、そういう個性を持っていない相手であれば“ドロドロに溶かしてしまうこと”すら出来る気がする!

そう考えるとまさに“柔よく剛を制す”といった感じなのかもしれない!

肝試しの時はヴィランの毒ガスに倒れてしまった骨抜だけど、そうでもなければむしろ無敵のような気がしてきたぞ!

戦闘以外でも使えそう

さらに、彼の柔化は壁などに放つことによって壁を静かに破ることも出来そう。

そうなってくると、敵アジトへの潜入・潜伏なども簡単に出来るわけで、ヴィランの捕獲に大活躍することは間違いない!

黒霧のワープゲートとかと比べるとさすがにレア度は下がるかもしれないけど、それでもかなり有力な能力であることは決定的であるようだ!

【スポンサーリンク】