【ナルト】仙法・五右衛門の強さについて考察し、理解を深めてみよう!

今回は自来也達が使用する“仙法・五右衛門”について考察していこう。

前回の“毛針千本”はだいぶふざけた考察だったけど、今回は少しだけ真面目にいきたい!

仙法・五右衛門は、仙人モードの自来也、フカサク、シマが連動して放つ強力な忍術だ!

【スポンサーリンク】

仙法・五右衛門の強さについて考察し、理解を深めてみよう!

仙法・五右衛門を使っている感じは以下。

仙人モードの自来也が放つ、二代仙人のフカサク&シマとの連動忍術。

強力な火炎が巻き起こっているさまは、さながら“人間火炎放射器”とでもいったところか!

五右衛門
ナルト秘伝・者の書より引用 仙法・五右衛門はこんな感じ

この術の驚くべきところは“司令塔がシマ”であるということだ!

なんと、人間である自来也を差し置いて、カエルであるシマが司令塔として活躍している!

そして、そのシマの声に対してフカサクと自来也が呼応し、火遁の威力を最大限に上げるというのだ!

“伝説の三忍”とまで呼ばれる自来也だが、そんな百戦錬磨の自来也に対して指示を出す役割がシマという点は、シマの潜在的洞察眼&状況把握能力が自来也を上回っていることを意味しているのではないだろうか!

さすがは仙人蝦蟇、その秘められた実力は計り知れない!

【スポンサーリンク】

風遁・火遁・油の三大連携がなかなか!

仙法・五右衛門の骨子は非常にシンプル。

自来也が油を用意し、フカサクが火遁、シマが風遁を使用することで爆発的な火炎を作ることが出来る!

火と油と風という、爆炎を起こすのに最も効果的であろう三要素を満たした三位一体の忍術なだけに、爆発力は相当に高そうな気がするよね!

また、この忍術に関しては、他の忍でも応用が利きそうな気がするところだ!

仙人モードになれる忍は限られているけど、普通の油、普通の火遁、普通の風遁の組み合わせでも、かなりの殺傷能力・燃焼能力は得られるはず。

油という資源さえしっかり用意することが出来れば、その火力はいくらでも上げられると考えていいだろう!

油に火をつけ、風遁で酸素を送り込む。

非常にシンプル極まりない忍術ではあるものの、シンプルであるがゆえに強力な忍術だといえるだろうね!

者の書によるとこの忍術による熱は“数千度”におよぶということだから、水遁による消化も逆効果で水蒸気爆発を誘発してしまいそうだ。

圧倒的火力によって一気に焼き尽くしてしまう仙法・五右衛門。

自来也・フカサク・シマの三位一体の忍術なだけに利用状況は限られているかもしれないけど、強力な忍術であることは断定してしまっても差し支えないだろう!

【スポンサーリンク】