【ナルト】分裂の術の強さ考察、瞬速分離の緊急離脱!

二代目土影が使用する切り札のひとつ、分裂の術。

今回はこの分裂の術について考察し、バトワンなりに理解を深めていければいいと思う!

分身の術とはまた違う感じで、緊急離脱に活用できる強力な忍術だ!

【スポンサーリンク】

分裂の術の強さ考察、瞬速分離の緊急離脱!

分裂の術を使っている感じは以下。

自分の肉体を2つに分裂させ、本体をそのまま二分割してしまう感じの術。

イメージとしてはアメーバとかの細胞分裂を思い起こせばわかりやすいかもしれないね!

分裂の術陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 分裂の術はこんな感じ

分裂出来るんだったら影分身で良いんじゃ?と思うけど、分裂の術には分裂の術の良さがある。

この術は印を結ばず瞬時に使用できるため、瀕死の攻撃を受けたり戦闘不能になってしまった場合にも分裂体が再び立ち上がり活動を続行できるとのこと。

影分身は“両方実体”って感じだけど一応本体がある感じ、対して分裂の術は“両方本体”だと考えて良いんじゃないかな!

じゃあ使い道はどうなの?ってところなんだけど、両方が本体であることによって、自分の片割れを逃がし生存することが出来る点で、分裂の術は優れている!

分身で代用が効かないほど切迫した場面で生き延びるための、強烈な切り札であるといえるだろう!

【スポンサーリンク】

分裂の術のデメリットなど。

そんな強烈な分裂の術だけど、デメリットも当然存在する。

もし本体を二分させたとしたら、身体能力なども半分となってしまうという点だ。

しかし、普通に考えてこれは必要最低条件的なデメリットって感じ。

あえてデメリットにカウントするほどのものでもないかもしれない。

もし仮に分裂体も本体と同じ能力を有してしまったら、分裂体が無限に増えてえらいこっちゃになってしまうもんね。

身体能力やスタミナ、残ダメージなどはすべて半分になる…というのは、なるべくしてなる当然の帰結といえるだろう!

そういった点を踏まえれば、他の忍と比較して分裂の術という“命綱”を持っている二代目土影は、敵に回したら相当に厄介な相手だといえるかもしれない!

というか二代目土影は分裂の術を1〜2回使用した後も普通の忍と互角以上くらいの強さを持ってそうだしね。

また、印を結ぶ瞬間を上手く隠せるなら、分身の術と分裂の術を同時に使用するとめちゃくちゃ鬱陶しそう。

相手にとてはどれが本物でどれが偽物であるかとは別に、どれが分裂体なのかも見極める必要性に迫られてしまうため、緊急避難・緊急脱出の時はこういった立ち回りをしてみるのも効果的かもしれない!!

【スポンサーリンク】