【ナルト】機光盾封(きこうじゅんぷう)の強さ考察、チヨの使用するチャクラの盾!

今回はナルト世界の忍術の中から“機光盾封”について考察してみたいと思う!

チヨの使用するチャクラのシールド!といった感じで、物理攻撃を防御する技だ!

他の忍術と比較すると、ナルト世界の中ではかなり消極的な感じかな?

【スポンサーリンク】

機光盾封(きこうじゅんぷう)の強さ考察、チヨの使用するチャクラの盾!

機光盾封を使っている感じは以下。

この術は一般的に傀儡の術を応用したチャクラの盾として知られている!

腕部に仕込んだ傀儡機構を開くことによって術者のチャクラを放射状に拡散するのがこのシールドの骨子となってくる感じだ!

機光盾封
ナルト秘伝・者の書より引用 機光盾封はこんな感じ

傀儡機構を開くことによって展開された放射状のチャクラ。

これによって薄膜が張られたかのような感じで広がったチャクラは、物理攻撃を防ぐシールドとして機能することになる!

とはいえナルト世界のパワーインフレは終盤に近づくに連れて異常値にまで達してしまっている感じ。

あまりに強力な攻撃だったら防ぎきることは出来ないだろう。

しかし、守備に特化した感じのこの術は“誰かを守るのに専念する時”とかは効果的かもしれないね!

ナルト世界の忍は守備より攻撃に主体を置いているようにみえるタイプが多いから、全体と比較すると受け身すぎるところが気にかかる!

【スポンサーリンク】

シールドは張った、その次は?

機光盾封のシールド効果の耐久性についてはイマイチ測りかねてしまうところがある。

また、ナルトワールドの戦闘は基本的に“押せ押せが有利”な展開に持ち込まれることが多い。

そういった点を踏まえると、シールドを張ったからといって反撃手段をしっかりと整えるように頭を働かせておかないと、ジリ貧になってしまってやられてしまうのは火を見るより明らかだろう!

誰かを救出する時に一次的に使用するならばまだ別だけど、バトワン的には後手に回ってしまう機光盾封はそこまで強力だとは思えないところだ!

また、ナルト終盤ではこういったシールドすらも無効にしてしまいそうな術が多くとy情してくるところも気にかかる。

時空を操作してしまったり、分子・原子をどうこうしてしまったりといった忍術が登場してきてしまってからは、相対的に守りの忍術は弱体化してしまったといえるだろう。

時空操作、原子操作などの技術がナルトワールドの最高峰のスタンダードであるとするならば、もはや“いかに先手を取って、やられるまえにヤルか?”といった戦いになってくるのは自明の理。

バトワン的にはこういう渋い術は嫌いじゃないんだけど、ナルトワールドではどうしても不遇な扱いになってしまうね!

【スポンサーリンク】