【ナルト】超神偽画(ちょうしんぎが)の強さ考察、サイの用いる神仏の創造!

筆を用いて色々やっちゃうKY忍者、サイ。

今回はそんなサイの使用する超神偽画について考察し、理解を深めていきたいと思う!

鳥や獣を具現化する鳥獣戯画とは違い、どちらかというと肉弾戦の格闘に向いている忍術だ!

【スポンサーリンク】

超神偽画(ちょうしんぎが)の強さ考察、サイの用いる神仏の創造!

用いられた超神偽画は以下のような感じ。

まるで仁王像のような神仏を呼び出した様は、見ているものを圧倒することは間違いないだろう!

その神速の拳から繰り出される正拳は、岩をもたやすく破壊するほどの威力を持っている!

超神偽画陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 超神偽画(ちょうしんぎが)はこんな感じ

上記のカットを見てもわかる通り、神仏の表情はまさに“阿吽の像”といった感じ。

術者であるサイの怒りが強ければ強いほど表情が険しくなり、そのパワーもアップするのだという。

能力を使用する者の怒りが強さに連動していくというのは、なかなかに興味深い忍術だといえるんじゃないだろうか!

これまでに感情と連鎖していく忍術って無かったような気がするしね!

そういった点を踏まえると、感情とチャクラの間に何かしらの関係があるという解釈もできるかもしれない。

他の忍術でも表面化していないだけで、その時の感情によって術の威力が微妙に上下しているのかも。

【スポンサーリンク】

チャクラと感情の関係性!

以下、サイの用いる超神偽画の“怒りが強さに比例していく”という特徴に着目して考察を進めてみたい!

怒りが強さに比例するのがチャクラの性質だとすれば、超神偽画は特にチャクラの性質がもろに表に出て来やすい忍術だと考えることが出来ないだろうか。

強力な忍術であることは確定しているわけだけど、チャクラと感情の関係性を紐解くことが出来れば、ナルト世界の様々な不思議を紐解くことが出来るかもしれない!

そういえば、感情とチャクラの関係性でもうひとつ思いつくのは“仙術チャクラ”だ。

仙術チャクラは自分の外部から自然エネルギーを取り込むことによって練り上げられるチャクラのこと。

サイの超神偽画が“怒り”に連動するのに対し、仙術チャクラは修行の様子からも見て取れるように“穏やかさ”と連動しているように見受けられる。

通常のチャクラと仙術チャクラが対極にある点を踏まえても、このあたりはシックリと辻褄があってくるところだ!

仙術チャクラが穏やかさによってコントロール出来るようになるのであれば、やはり通常チャクラは怒りのような激しい感情によってどんどん強化されていくものなのかもしれない。

感情とチャクラの関係性はまだそこまで明確になっていないっぽい感じだけど、後のボルトワールドで明確に明かされてくるかもしれないね!

【スポンサーリンク】