【ナルト】八卦空掌(はっけくうしょう)の強さ考察、日向柔拳の真空砲弾!

今回は日向ネジの使用した“八卦空掌(はっけくうしょう)”について考察していこう!

柔拳として名を馳せた日向一族には珍しい、どっちかというと剛拳っぽい感じの技だ!

こんな体術まで使えるなんて、さすがはネジ!!

【スポンサーリンク】

八卦空掌(はっけくうしょう)の強さ考察、日向柔拳の真空砲弾!

八卦空掌を使用している感じは以下。

両手を高速で打ち出すことによって、圧縮した“真空の砲弾”によって、対象を攻撃する技だ!

この圧力は驚異的な攻撃力を誇り、敵の急所を撃ち抜くのに充分な威力を持っている!

八卦空掌
ナルト秘伝・者の書より引用 八卦空掌(はっけくうしょう)はこんな感じ

ネジに関しては近接戦も強かったけど、こういった中距離攻撃も出来る点で非常に優れているよね。

体術はチャクラをあまり使わずに戦えるのが大きなメリット。

しかし、相手に近づかないといけない…というデメリットも兼ね備えている。

そういったデメリットを軽減することが出来るのが、この技の大きなメリットだといえそうだ!

途中で殉死してしまい戦線離脱の運命を辿ったネジだけど、彼がもし生き残っていたらもっと強力な技を沢山生み出してくれたことだろう。

ネジのことだから、剛拳である八門遁甲とかも身につけて柔・剛両方を扱うプロフェッショナルになっていたかもしれないね!

【スポンサーリンク】

昼虎とちょっと似てるかな?

空圧を使って攻撃する…ということであれば、なんとなくガイ先生の“昼虎”に通じるものがあるかもしれない。

ちなみに使用されたガイ先生の昼虎は以下のような感じ。

八卦空掌と比べてデカいけど、これは八門遁甲の陣で戦っているからだ!

昼虎陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 昼虎(ひるどら)はこんな感じ

このあたりをふまえると柔拳・剛拳に関わらず、体術家にとって“空圧正拳”を扱うのは結構大切なことなのかもしれない。

そりゃ近くで攻撃するわけじゃないから“いつもの決定打”は撃てなくなっちゃうかもしれないけど、そのぶん離れて戦えるメリットは大きいもんね。

特にナルトワールドでは“敵が何をやってくるかわからない”といったケースも少なくないんだ。

なんというか“初見殺し”みたいな忍術を持っているキャラも全然少なくないし、そういった相手に対しては出来る限り距離を取って様子を見るところからスタートできるのがベスト。

こういった点を踏まえると、近接必須の体術家にとってこういった“空圧正拳”は、かなり有効な牽制手段になるに違いない!

相手を牽制しつつ分析し、危険がないと判断したら突っ込んで撃破する。

忍具を用いるのもアリだけど、忍具は忍具で“使い切り”になっちゃうケースだって多い。

正体不明の相手と一戦交える際には特に、こういった飛び道具は必須の技術だといえるかもしれないね!

【スポンサーリンク】