【ナルト】桜花衝(おうかしょう)の強さ考察、サクラの放つ強烈パンチ!

春野サクラが使用する医療忍術の応用、桜花衝(おうかしょう)。

今回はそんな強烈パンチについて思いを馳せてみたいと思う!

描写を見てもわかるんだけど、その破壊力は常人が食らったら速攻オーバーキルになっちゃいそうな感じだ!

【スポンサーリンク】

桜花衝(おうかしょう)の強さ考察、サクラの放つ強烈パンチ!

桜花衝を使った感じは以下。

地面がバッキバキに割れまくっていて、ちょっと普通では考えられないほどの衝撃を伝搬させている!

ナルト世界では“いかに攻撃力が高いか?”みたいなところで術の強弱が測られている気がするんだけど、桜花衝でも充分強力だよね普通に。

こんなん普通の人が食らったら全身の骨が完全に粉砕骨折してしまうレベルだよ!

桜花衝
ナルト秘伝・者の書より引用 桜花衝はこんな感じ

かなりとんでもない範囲に影響を及ぼしている桜花衝だけど、これは怪力によって生み出さられた衝撃ではないとのこと。

微細なチャクラコントロールと集中力によって、医療忍術を応用した位一撃なんだそうだ。

体内で練り上げた最大級のチャクラを拳に集結させて放つ必殺のパンチ。

当初は幻術重視ってイメージが強かったサクラがこんな攻撃手段をGETするとは誰も予想しなかったんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

岩盤を木っ端微塵にするレベル!

岩盤を木っ端微塵にするほどの破壊力をもつ桜花衝。

もともと桜花衝は綱手が使用していた忍術なのだという。

綱手が“怪力”と恐れられる所以となった技でもあり、当時から相当の破壊力を持っていたようだ。

さすがはあの自来也と並び“伝説の三忍”と呼ばれるだけはある!って感じだよね!

ちなみに綱手に関しては指一本でナルトを吹き飛ばしたり、地面に亀裂を入れたりすることが出来るようだ。

チャクラコントロールがサクラよりもさらに繊細で、集中力も高いからこそ出来る芸当だろう!

対してサクラはその綱手に弟子入りすることによってこの技を身につけている。

もともとサクラはチャクラのコントロールが得意なタイプだったので、どっちかというと“得意分野”だったはず。

しかし、それでもこれほどまでの破壊力を体現してしまうのはちょっとやそっとの“得意”といったレベルではないよね!

サクラもサクラで才能と努力を兼ね備えているからこそ、これほどまでバッチリコントロールできるようになったんじゃないかな!

あの自来也をして“綱手二号”とまで言わしめた桜花衝の破壊力は、現在新連載されたBORUTの世界でも、かなり強力な一撃として機能しているに違いない!

【スポンサーリンク】