【ナルト】秘術・蟲玉(ひじゅつ・むしだま)の強さ考察、シノの本領発揮って感じ!

存在感は薄いものの、木の葉の忍の中ではかなりの実力を持つと推測される油女シノ。

今回はそんなシノの“秘術・蟲玉(ひじゅつ・むしだま)”について考察していこう!

秘伝忍術ってこともあって、かなりオリジナリティの高い忍術なんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

秘術・蟲玉(ひじゅつ・むしだま)の強さ考察、シノの本領発揮って感じ!

秘術・蟲玉(ひじゅつ・むしだま)を使っている時のシノは以下の様な感じ。

この術は全身に宿る奇壊蟲を用いて、相手の全身を覆い尽くしてしまう悍ましい術だ!

沢山の無視に囲まれてしまう…って考えるだけでも「ひえー!」ってなってしまうところだね!

秘術蟲玉
ナルト秘伝・者の書より引用秘術・蟲玉(ひじゅつ・むしだま)を使っている時のシノはこんな感じ

奇壊蟲の利用用途は本当に多い。

さすが蟲師ってだけあって、戦闘面においても抜かりなし!って感じだ!

この術によって広範囲に拡散された奇壊蟲は、敵の位置を補足するのと同時に術者の指令に反応し、敵を覆い尽くしてしまう!

覆い尽くされてしまった敵はそのままチャクラをジワジワとくらい尽くされてしまって死んでしまうとのことだ。

ただでさえおぞましい蟲使いの忍術だけど、蟲玉は特に凶悪な印象を受けるよね!

“蟲で作られた玉”なのではなく、敵が“蟲で覆われて玉のようになってしまう”ということなんだろう!

【スポンサーリンク】

シノの蟲は万能忍術の一つだと思う!

攻めてよし、守ってよし。

そんなシノの用いる奇壊蟲は、まさに万能忍術にカウントしてしまって良いんじゃないだろうか?

1体1体の虫が小さい…ってこともあって、ある意味では“流動的”な感じだし、そんな流動的な存在を自在に操ることが出来る油女一族。

雰囲気としては若干“暗部”っぽい印象を受けるこの忍術。

その禍々しき性質面からしても“秘伝”に分類されて然るべき忍術だといえるだろう!

また、油女一族の使用する奇壊蟲は、戦闘以外にもいろいろな役割を果たすことが出来る。

諜報・工作・暗殺…といった、本来の忍のやるべきことはだいたいこなせてしまう自在性と隠密性があるよね!

派手に正面からぶつかりあわずとも、1匹だけこっそり敵の背後に飛ばし、毒針でぶっ刺すとかもできるんじゃないかな?(奇壊蟲には毒ないっぽいけど)

今回考察した“秘術・蟲玉”は、そんな多種多様な蟲師のバリエーションの中でも、敵を“拘束すること”に長けている術っぽい感じ。

後にチャクラを奪い取って命ごとさらっていくことが出来る点を考慮すれば、蟲玉の性能は全体を通して極めて高いものであると判断することが出来ると思う!

【スポンサーリンク】