【ナルト】八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)の強さ考察、究極の遠距離攻撃!

今回はうちはイタチが使用した遠距離攻撃の中から、八坂ノ勾玉について考察していきたい!

この忍術は、須佐能乎発動時にのみ使える遠距離攻撃術だ!

遠距離において無類の強さを発揮するこの忍術について、想いを馳せていこう!

【スポンサーリンク】

八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)の強さ考察、究極の遠距離攻撃!

八坂ノ勾玉の発動時は以下のような感じ。

写輪眼の瞳の勾玉のような形状のソレが相手めがけて回転しながら飛んでいく!

須佐能乎(すさのお)を使用しているときにしか使用できないという制約はあるものの、相当に強力な攻撃であることもまた疑う余地はないはずだ!

八坂ノ勾玉
ナルト秘伝・陣の書より引用 八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)はこんな感じ

写輪眼の模様に似た巨大な勾玉を放ち、まるで巨大な手裏剣のように投擲(とうてき)、長門の地爆天星に対して発動された。

個人によって使い方は少し異なり、イタチは繋ががった3つの勾玉を飛ばし、マダラは数珠状に連なる複数の勾玉を飛ばす…といった具合に、それぞれの判断でアレンジを効かせているようだ。

人それぞれの考え方、使い方によって忍術には無限の広がりが与えられる。

八坂ノ勾玉に関しては応用範囲があまり広い印象を受けないけど、それでもバリエーションがあるというのは興味深いところだ!

【スポンサーリンク】

須佐能乎自体が巨大だからさらに破壊力満点だよね!

うちは一族の万華鏡写輪眼の能力がそもそもヤバいんだけど、その中でも須佐能乎の性能はかなり高いよね。

骸骨のような像が術者を包みあらゆる攻撃を防御してくれるため、非常に使い勝手が良いんじゃないかな。

さすがに無敵ではないので破壊されることともあるものの、八坂の勾玉のような攻撃技も持っているため、攻めに転じている時は特に手がつけられないほどの戦闘能力を誇っていると思う!

しかし、足元に対する防御は弱めで、砂を使って足元をすくわれたりすることもあるようだ。

また、聴覚にまつわる幻術に対する体制は特に無いようで、防ぐことが出来ない様子。

ともあれ、これらのデメリットを全てひっくるめて考えたとしても、須佐能乎の高性能ぶりは作中屈指だと思う!

だからこそ、使用者が“悪しき者”だったりすると相当な脅威になるわけだね。

そういえばジャンプではBORUTOの新連載がスタートしたし、きっといつの日か登場して戦場で猛威を振るってくれるような気がしてならない!!

今後の須佐能乎の再登場に期待が高まってしまうところだ!!

うちは一族はまだ“隠し玉”を持っていてもおかしくないし、今後の新情報を待ちたい!!

【スポンサーリンク】